スポーツ

清原和博、被死球歴代1位は「避けなかっただけ」!?納得の「深意」を動画告白

 NPBにおいて、被死球数歴代1位は「196」の清原和博氏である。2位は「166」の竹之内雅史氏、3位は「161」の故・衣笠祥雄氏と続くが、清原氏の被死球数は圧倒的であり、「避け方が下手なのでは…」といった憶測も飛んでいるようだが…。

 みずからのYouTubeチャンネル〈清ちゃんスポーツ〉で、清原氏が死球について言及している。2月3日に〈藤川ごめんな!!俺は球児を尊敬している【涙の対談最終章】〉とタイトルをつけた投稿回を観てみよう。

 まず、清原氏はバッターとして打席に立つ時の心構えをこう論じている。

「投手に対して、三振がイヤでセカンドゴロ打つようなことしたくないんですよ。実際、僕、三振日本一(1955三振)ですから。死球も多かったですし。よく言われるんですよ、避け方がヘタクソだったとか…。避けなかっただけなんですよ」と驚きの告白。続けて「僕に当てたりすると、その後のバッターがものすごい打つんですよ」とも口にした。

 ゲストで招かれていた元プロ野球選手の藤川球児氏もこれを受けて、「打つと思います」と首を縦に振り、「リーチ掛かってます。結局、清原さんに当ててるので、次の打者が誰であれ当てたら乱闘になるわけです」と語った。

 つまり自身が投手であるという立場として藤川氏が言うには、次の打者には積極的に内角に攻め辛くなることからバッター有利に働くと指摘したのだった。

 一見、豪快な言動から独善的な印象を受ける清原氏だが、チームプレーに徹する象徴が死球であることが認識できた。死球「196」は名誉の数でもあるのだとあらためて思い知らされる興味深い回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション