スポーツ

渡嘉敷勝男、「どのタイトル王者がより強いか」が“昔と今で違う”解説が初耳!

 プロボクシングでのチャンピオンで強いのは、どのタイトルでチャンピオンになった日本人ボクサーか。その名称から言って、当然、強い順に「世界」「東洋太平洋」「日本」の認識だ、と思っている人は多いのではなかろうか。

 ところが、元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男氏のYouTubeチャンネル〈「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる〉で、世界チャンピオンと日本チャンピオンには歴然とした差があるものの、現在は日本と東洋太平洋のチャンピオンの強さに変わりがないといった興味深い発言があった。

 3月19日付けで〈世界チャンピオンと日本チャンピオン。どれくらいレベル差があるのか?★質問への【回答コーナー!】Vol29★〉とタイトルがついた投稿回で、渡嘉敷氏がその理由を解説しているが、日本タイトル戦の場合、当然のことながら日本人同士の戦いとなり、両選手の応援団も会場に集まりやすい。ところが、東洋太平洋タイトル戦は挑戦者が外国の選手となり、世界戦であれば別だが、応援団を日本に連れてくることはまずないようで、興行的にうまみがないということだ。

 よって、30~40年位前をさかいに、東洋太平洋タイトルに重きを置く日本人選手が減ってきていることを指摘した。興行的にうまみのある日本タイトル戦が白熱し、日本人同士でチャンピオンを争った時点で、もう強さのレベルが東洋太平洋タイトル戦と同等のレベルに今はなっている、ということのようだ。

 現WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン、井上尚弥は2013年12月6日に東洋太平洋のタイトルに挑んでいる。しかし、プロ4戦目で日本タイトルを獲ると、5戦目で東洋太平洋、6戦目で世界タイトル奪取と、「モンスター」の異名に相応しいスピード感で駆け抜けている。

 日本人選手にとって、東洋太平洋チャンピオンを誇ることは、昔とはずいぶん違う意味合いになっていたようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し