スポーツ

渡嘉敷勝男、「どのタイトル王者がより強いか」が“昔と今で違う”解説が初耳!

 プロボクシングでのチャンピオンで強いのは、どのタイトルでチャンピオンになった日本人ボクサーか。その名称から言って、当然、強い順に「世界」「東洋太平洋」「日本」の認識だ、と思っている人は多いのではなかろうか。

 ところが、元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男氏のYouTubeチャンネル〈「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる〉で、世界チャンピオンと日本チャンピオンには歴然とした差があるものの、現在は日本と東洋太平洋のチャンピオンの強さに変わりがないといった興味深い発言があった。

 3月19日付けで〈世界チャンピオンと日本チャンピオン。どれくらいレベル差があるのか?★質問への【回答コーナー!】Vol29★〉とタイトルがついた投稿回で、渡嘉敷氏がその理由を解説しているが、日本タイトル戦の場合、当然のことながら日本人同士の戦いとなり、両選手の応援団も会場に集まりやすい。ところが、東洋太平洋タイトル戦は挑戦者が外国の選手となり、世界戦であれば別だが、応援団を日本に連れてくることはまずないようで、興行的にうまみがないということだ。

 よって、30~40年位前をさかいに、東洋太平洋タイトルに重きを置く日本人選手が減ってきていることを指摘した。興行的にうまみのある日本タイトル戦が白熱し、日本人同士でチャンピオンを争った時点で、もう強さのレベルが東洋太平洋タイトル戦と同等のレベルに今はなっている、ということのようだ。

 現WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン、井上尚弥は2013年12月6日に東洋太平洋のタイトルに挑んでいる。しかし、プロ4戦目で日本タイトルを獲ると、5戦目で東洋太平洋、6戦目で世界タイトル奪取と、「モンスター」の異名に相応しいスピード感で駆け抜けている。

 日本人選手にとって、東洋太平洋チャンピオンを誇ることは、昔とはずいぶん違う意味合いになっていたようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ