スポーツ

桑田真澄の制球力は中学時代には「完成」!?バッテリー組んだプロ野球OBが回顧

 元プロ野球選手・西山秀二氏。初出場は1989年、広島カープのユニフォームで出場しているのだが、意外にも85年のドラフト4位で南海ホークスに入団。出場の機会なく、広島に移籍しており、4位指名とはいえ、高卒ドラフト入団がわずか1年数カ月でのトレード移籍は前例がなく世間を驚かせたものだ。

 そんな西山氏は、八尾市立大正中学校時代に、現在、巨人で1軍投手チーフコーチ補佐を務めている桑田真澄氏とバッテリーを組んでいたことでも有名で、プロ野球OB、1300人が所属する「プロ野球OBクラブ」の公式YouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に出演し、桑田氏の制球力の素晴らしさと、それゆえにプロ入りしてからの自身が苦労したという話を明かした。

 5月6日付けで〈【西山秀二】元キャッチャーが語る桑田真澄の恐ろしさ、配球について〉とのタイトルで公開された投稿回を観てみると、「(中学時代から桑田氏は)コントロールが抜群に良かった」と振り返る西山氏。構えたところにボールがピタリと来ることから、リードの妙も不要だったようだ。

 しかし、プロ入り後、コーチからその経験が西山氏をダメにしたとも指摘を受けたそうで、ワンバウンドの投球に思わず逃げた西山氏に「体で止めろ!」とコーチが注意。中学時代からすでに桑田氏の制球に乱れはなかったことから、「プロのピッチャーって構えたところに投げれないんですか!」と盾突き、コーチからしこたま怒られたといったエピソードを明かしたのだった。

 桑田氏の制球力は定評のあるところだが、中学時代からすでに完成しつつあったとは…。興味深い話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像