スポーツ

上位チーム監督の「電撃退任」で早くも今季Jリーグが“実質終了”の危機!

 6月10日、サッカーJ1の横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督の電撃退任が発表され、激震が走っている。

「Jリーグはまだシーズン途中ですが、スコットランドの強豪・セルティックの監督に就任するため、新シーズンの開幕に合わせて引き抜かれる形となりました」(サッカーライター)

 オーストラリア出身のポステコグルー監督といえば、18年に横浜Mの監督に就任すると、攻撃的なアタッキングフットボールを標榜し、19年に15年ぶりのJ1優勝に導いた立役者だ。

 今シーズンは開幕こそ川崎Fに敗れたが、そこから白星を重ね、現在の順位は暫定で3位につけていた。

それだけに、上位陣の監督の退任劇は、まさに異例の事態といえるだろう。

「特に今年のJリーグは、川崎Fが首位を独走しています。リーグ戦の折り返しに差し掛かったところで、無敗のまま勝ち点55(試合数21)を積み上げ、2位の名古屋グランパスの勝ち点37(試合数20)を大きく突き放しているのです」(前出・サッカーライター)

 圧倒的な強さに、サッカーファンの間で早くも優勝は川崎Fが最有力と見られているが、現在の日本代表ウィーク後、「ストップ川崎」の急先鋒に期待されていたのが横浜Mだった。

 6月9日に更新された元Jリーガーの那須大亮のYouTubeチャンネル「那須大亮/Daisuke Nasu」でも、ゲスト出演した元日本代表のDF岩政大樹が川崎Fに対抗する存在として、横浜Mを挙げていた。

「川崎Fが独走していますが、6月下旬からアジア最強クラブを決める『AFCチャンピオンズリーグ』が始まるため、川崎Fは試合数の消化が横浜Mより5試合多いんです。仮にすべて勝利を収めれば、横浜Mは勝ち点49で6ポイントまで縮めることができる。リーグ戦がおもしろくなるのではないかという意味でも、注目されていたのですが…。当然、後任の監督がチームをまとめて快進撃することも考えられますが、サッカーファンの間では、すでに白けたムードが漂っています」(前出・サッカーライター)

 後半戦の見どころが、降格争いだけにならなければいいのだが…。

(写真はイメージ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来