スポーツ

元巨人名将の“温情”に覚悟を決めた!駒田徳広が93年FA移籍を動画回顧

 元プロ野球選手・駒田徳広氏と言えば、1980年にドラフト2位で巨人に入団。プロ入り3年目の83年4月10日、対大洋ホエールズ戦において、日本プロ野球史上初となるプロ初打席での満塁ホームランを放ち、以後「満塁男」の異名を取ったスラッガーである。

 その駒田氏が、噂された首脳陣との確執などの理由から、横浜ベイスターズにFA移籍したのは、長嶋茂雄氏が監督に就任して1年目、93年シーズンオフのこと。当時、巨人の生え抜き選手が国内球団にFA移籍する例は無く、世間を大いに驚かせたものだ。

 巨人三本柱として活躍した、槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に、そんな駒田氏が出演。9月4日付け投稿回〈【恩師・藤田元監督】FAで悩む駒田に監督じゃないのに…感動秘話【第2話】〉を観ると、実は、92年まで巨人で監督を務めた故・藤田元司氏の“温情”と“はからい”が背景にある横浜移籍だったようだ。

 トレードは“ボツ”になる可能性もあり、その際には肩身の狭い思いで巨人に残留しなければならない。そのモチベーションの低下を懸念した藤田氏が「出るだけの勇気と根性はあるか?」と問うと、「覚悟してます!」と駒田氏は返答。すると藤田氏は駒田氏に球団を出るよう勧めた。さらに、どこかのチームから話があったのかどうかという話になると当時、横浜の監督を務めていた故・近藤昭仁氏の名前を出して横浜に行くように言い渡したというのだ。

 近藤氏は藤田監督のもと、巨人でコーチを務めていた経緯があった。藤田氏がどのように動いたかなどは知る由もないのかもしれず、動画では触れられていなかったが、藤田氏の何らかのはからいはあったように推察できる。

 去る9月4日、埼玉西武ライオンズの栗山巧が史上54人目の2000本安打を放って話題となったが、駒田氏は2000年、史上29人目の2000本安打達成者である。藤田氏の温情あっての、駒田氏の執念と恩返しが実らせた名球会入りだったかもしれない。示唆に富む見ごたえのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!