スポーツ

佐藤輝明の大失速原因はなんだったのか?/2022年の「核心証言」〈プロ野球〉(2)

 ペナント前半は優位に「今年こそ」と希望を持たせた阪神は案の定、中盤から失速。今シーズンはどうか。在阪メディア関係者が語る。

「21年12月20日放送の『金村義明のええかげんにせぇ~!』(MBSラジオ)で、昨年7月6日のヤクルト戦で大問題になった『サイン盗み疑惑』が蒸し返されました。金村氏がその内幕を暴露したんです。昨季限りで退団したサンズ(34)について『今だから言えるけど』と前置きして『セカンドランナーに、コース教えてくれ、ばっかり言うらしいな』と。これがホンマなら、ただごとで済まされる話ではなかった」

 結局、矢野燿大監督(53)が否定して真相はうやむやになったが、この試合を境に、チームの勢いはしぼんでいく。前半戦で20本塁打を量産した大型新人・佐藤輝明(22)の快音もピタリと止み、その後は記録的な大スランプに陥った。

「後半戦はたったの4ホーマー。シーズンを通してリーグワーストの173三振は、新人最多三振記録を大きく更新しました。もし金村氏が明かしたサイン盗みが一時横行していたのであれば、前半のアーチはその『恩恵』だったということになる」(スポーツ紙デスク)

 最後に、関西の不協和音をもうひとつ。25年ぶりにリーグ優勝を果たしたオリックスでは、首脳陣同士の軋轢が生じていた。

福良淳一GM(61)と中嶋聡監督(52)の関係が冷え冷え。中垣征一郎巡回ヘッドコーチ(51)の処遇が原因です。要はクビにしたい福良GMと、反対する中嶋監督が、昨年後半から冷戦状態を続けている。福良GMはどうも、中垣コーチの越権行為が目に余るみたいだ。プロ野球選手の経験がないトレーニングコーチの立場で、ラオウ・杉本裕太郎(30)ら主力選手の打撃にも口を出していた。それでも中嶋監督とは理論派同士、相性バッチリなんですが」(在阪メディア関係者)

 とはいえ、このさや当ての結末が見える時期はそう遠くなさそうで、

「福良GM退任への外堀が埋められている。昨年末の人事で、昵懇だった球団本部長が交代。OBの長谷川滋利氏(53)が次期GM候補として副GMに就任しました。まさか中嶋監督と中垣コーチをオリックスに引っ張ってきた福良GMの立場が危うくなるとはね」(スポーツ紙デスク)

 揉め事は絶えない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」