エンタメ

フジの背中を追うテレ東が深夜番組で新たな挑戦!

 フジテレビの凋落が甚だしい。毎年当たり前のように視聴率3冠を獲りつづけてきた勢いはどこへやら、13年大晦日にはまさかの瞬間視聴率0%台を記録したり、バラエティ番組「ほこ×たて」ではヤラセが発覚して打ち切りになったりと、まるでいいところがない。

 そんなかつての王者に後方からヒタヒタと近づいているのが、テレビ東京だ。テレビ誌記者が語る。

「テレビ東京はもともと視聴率至上主義からは距離を置いていましたが、ここ数年で数字が上がっていて、経営陣の目にはフジテレビの背中が見えていますね。『モヤモヤさまぁ~ず2』や『ローカル路線バス乗り継ぎ』など、独自の“まったり感”を演出してスマッシュヒットを飛ばす番組も増えています」

 そのまったり旅番組が過激路線に踏み切っている。初対面の女の子2人が幸せになる方法を探しながら旅をするのだが、何を隠そう、このうち必ず1人はアダルト業界の女の子なのである。

 例えば、水樹心春が韓国を訪れた回では、食事のシーンで生きたままのアワビが運ばれてくると、画面がスローモーションになり、

「わー、すごいよ~」

 彼女の手が大写しになり、アワビを水樹が指で優しくなぞる。もちろん、完全に“狙って”いる。

 1月に放送された立花はるみと吉川あいみがグアムに行く回では、制作側もフルスロットルだ。

 浜辺で遊んで「あ~ん、濡れちゃう」、ホットドッグを食べながら口元をアップにして「超太~い」、屋台の肉をほおばって「硬~い。でもおいしい~」など、ギリギリ表現のオンパレード。しかし、それをコミカルに演出しているところに工夫がある。

 近年やたらとBPO(放送倫理・番組向上機構)を気にしてか、自己規制をかけすぎる傾向のあるテレビ業界だが、攻めの姿勢は持ち続けてほしいものだ。その結果、打ち切りか高視聴率になるかが、テレビマンの腕の見せどころだろう。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!