女子アナ

高橋真麻が“Gバスト”片方丸出しで廊下を闊歩!?トンデモ赤面事故の仰天

 フリーアナの高橋真麻が2月18日、ブログでとんでもない事件を報告し、ファンを驚かせている。

 真麻はこの日、初めて心臓ドックを受けたと報告。マスクをしてピンクの検査着を身に着けた写真を公開した。

 この時、事件は起きた。検査着がはだけていることに気づかず、片方の胸を丸出し状態だったというのだ。

「真麻といえば推定Gカップのバストの持ち主。以前、彼女は自分の胸の重さを計ったことがあると明かしていて、片方だけで1キロもあったとか。Gカップの重量1キロバストが服からこぼれているのに気が付かないとは驚きです」(週刊誌記者)

 ただ胸を放り出していただけなら問題ないが、真麻はそのまま廊下を歩いていたとういうからビックリ。ブログには〈恥ずかしい 私だということがバレていないといいな〉と心境が綴られている。

「その場にいた人たちはさぞ驚いたことでしょう。Gカップをポロンとさせたまま闊歩しているわけですからね。あれだけヘビー級のバストの女性もなかなかいませんから、マスクをしていたとしても真麻であることが気付かれていたかもしれませんよ(笑)」(前出・週刊誌記者)

 再現写真も披露して欲しかった…。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」