スポーツ

本田圭佑、カタールW杯絡みのGM就任で語った「夢」に猛反発の声が出た理由!

 今年11月に開幕するW杯カタール大会。その全64試合を無料生中継するインターネットテレビ局・ABEMAは3月22日、「ABEMA FIFA ワールドカップ 2022 プロジェクト」のゼネラルマネージャー(GM)に元サッカー日本代表の本田圭佑が就任すると発表した。本田は試合の解説のほか、オリジナル企画への参加も検討されているとのこと。

 本田は〈偉大なワールドカップを見る側としてプロジェクトに参加してくれないかということでオファーがありました。ただその時期の自分のスケジュールが見えないので断っといて、とマネージャーに伝えようとした矢先に藤田さん(社長の藤田晋氏)から直々にオファーがあり、ワールドカップの全試合をいつでもどこでも少しでも多くの人に楽しんでもらいたい、「ABEMA」を通じて、日本を少しでも元気にしたい、という想いを聞かせて頂き、引き受けることにしました〉と就任の経緯を説明。

〈僕は子供の頃からワールドカップで優勝することを夢見てサッカーを続けてきました。その夢を選手として叶えることはできませんでしたが、次は必ず指導者として叶えてみせます〉と、いずれは監督としてW杯優勝を目指すととれる発言をした。

 このコメントを見て、ネット民がすぐさま反応。

「御託はいいから指導者のキャリアを積もう」「それはいいんだけど、今何やってる人なの?」「人選ミス」

極め付きは、

「W杯優勝目指すなら文句ばかり言わず(指導者の)ライセンス取ってください」

 2010年南アフリカ、2014年ドイツ、2018年ロシアと3大会連続でW杯に出場している本田だが、

「かねてより本田は、『指導者にプロライセンスはいらない』と公言していて、キャリアを積んだJリーガーがすぐ監督になったほうがいいという考えなんです。賛同する人も多いと思われますが、極論にも聞こえるので、今回のような“指導者として”といった発言が出るたびにアンチから反発の声があがるのでしょう。起業家、投資家、カンボジア代表のGM・監督、現役サッカー選手と多彩な分野で活躍する本田へのやっかみもあるのでしょうね」(スポーツライター)

 そもそもが、“ビッグマウス”で知られる本田は、しかし、これまでの活躍を見ても日本サッカー界に大きく貢献してきたことは言うまでもない。ともあれ、結果を出せるか注目していきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す