スポーツ

16年前の白鵬、モンゴル勢同士の優勝決定戦後に届いた「大関昇進」

 2006年三月場所、白鵬は横綱 朝青龍(あさしょうりゅう)を破り11戦全勝。初優勝に向けて大きく前進したかに見えたのも束の間。翌12日目、大関 栃東(とちあずま)に押し出しで敗れ、1敗。13、14日目と白星を重ねるも、千秋楽、対大関 魁皇(かいおう)戦では、いいところなく寄り切られ完敗。プレッシャーに負けた白鵬だったが、結びの一番、横綱 朝青龍が栃東に敗れ、思っても見なかった優勝決定戦に進出することに。決定戦では、横綱 朝青龍に圧倒され、下手投げで敗れたが、13勝2敗の準優勝となった。

 時の放駒(はなれごま)審判部長が、北の湖(きたのうみ)理事長に白鵬の大関昇進を諮る臨時理事会招集を要請。ここに、白鵬の大関昇進が決定した。白鵬21歳の春である。

「大関の地位を汚さぬように全身全霊をかけて努力します」の大関昇進伝達式での口上そのままに、続く五月場所で白鵬は快挙を成し遂げることになる!

 ちなみに、優勝決定戦に出場した回数が多い上位力士は、10回出場が白鵬(6勝4敗)と貴乃花(たかのはな・5勝5敗)、8回が北の湖(きたのうみ・3勝5敗)、7回が曙(あけぼの・4勝3敗)と武蔵丸(むさしまる・1勝6敗)、6回が千代の富士(ちよのふじ・6勝0敗)、朝青龍(あさしょうりゅう・5勝1敗)、大鵬(たいほう・4勝2敗)である。

 なお、対朝青龍との優勝決定戦の成績は白鵬の1勝3敗。モンゴル勢の雌雄を決する死闘は、この三月春場所で火ぶたが切って落とされた。

 「記憶に残る取組は朝青龍関に勝った金星と63連勝後、稀勢の里関に負けた一番です!」と語った白鵬。

 数々のライバル達との名勝負に加え、こうした告白の真実が「白鵬本紀」第3巻「生涯のライバル現る!」で語られている。第1巻「英雄の子」、第2巻「白鵬のいちばん長い日」と併せ、一気読みのチャンスである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人