スポーツ

中畑清、長嶋監督ではなかった!「歴代ベスト監督」で真っ先に挙がった名前とは

 中畑清氏が巨人に入団したのは、1975年(ドラフト3位)。長嶋茂雄第1次政権下(75~80年)であり、その後、藤田元司氏(81年~83年)、王貞治氏(84年~88年)と、巨人の監督のバトンは引き継がれていった。

 その中畑氏が、江川卓氏のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」に出演(4月10日投稿動画)。横浜DeNAベイスターズの初代監督も務めた中畑氏が、歴代ベストナインを聞かれたところ、一塁手に王貞治氏、三塁手に長嶋茂雄氏、捕手に古田敦也氏、投手に江川卓氏といったレジェンドの名前が順調にあがった。そんななか、〈ベスト監督〉に話が及び、江川氏が「監督についてはお聞きしようと思っても、たぶん長嶋茂雄さんとおっしゃるので…」としたが、中畑氏は「監督だったら藤田さんだよ!」とキッパリ。

「監督としての目配り、気配り、思いやりが藤田元司という監督さんが凄かったなと思います」そうしみじみ回顧した中畑氏に、視聴者からは〈長島監督、王監督よりも藤田元司監督を中畑さんが迷いなく言ったのが印象的〉〈監督は藤田さんかぁ 意外だけど納得〉とのコメントがあがった。

 中畑氏が現役を引退した89年は、藤田第2次政権の1年目。その年は、シーズン最終戦のヤクルト戦と、現役最後となった日本シリーズ第7戦の対近鉄戦で本塁打を放ち、有終の美を飾っている。特にその2本は、藤田監督への恩返しだったのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史