スポーツ

9連敗!阪神を悩ませる「広島アレルギー」で「ダメ虎」一直線の深刻度

 交流戦2位の阪神が勢いを保てず、「広島アレルギー」に悩まされている。

 6月22日の対戦でも延長10回、佐藤輝明の勝ち越し二塁打で勝負あったと思われたが、その裏の攻撃で坂倉に起死回生の同点ホームランを打たれた。そして11回、伏兵・宇草のサヨナラ弾で今シーズン6度目のサヨナラ負け。

 これで対広島戦は1分けを挟み、9連敗。いまだ1勝も挙げられず、完全に借りてきた猫ならぬ「借りてきた虎」という深刻な状態と言える。

 試合後の矢野監督は先発のガンケルについて、

「もうひとつ良くなかったとみている」

 10回から投入した中継ぎのアルカンタラが本塁打2本を浴びたことには、

「振り返ればいろいろあるが、それを言っても仕方がない」

 力なくそう話すものの、せっかくの反撃体制にブレーキがかかってはどうしようもない。球団関係者は、

「まさに勢いだけで勝っている証」

 と手厳しい。さらに言うには、

「この日は島田、中野の1、2番の打順を入れ替えるなど、策を講じてうまくいった部分もあるが、結局は佐藤輝、大山頼みから脱却できていない。佐藤輝は2安打3打点と気を吐いたとはいえ、大山は厳しい内角攻めでノーヒット。それこそ矢野監督の采配が発揮できるのに、接戦で負けては、また『ダメ虎』とヤジられかねない。カープが3連覇して阪神が手も足も出なかった16年から18年と雰囲気が似てきたよ」

 この試合で勝てば3位浮上だったが、痛恨の敗戦に終わった理由は、チームが一体となって戦えていないということに尽きよう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫