スポーツ

巨人「負け越しCS進出」でロッテを超える「史上最大の恥ずかしい下剋上」

 今季のセ・リーグ、クライマックスシリーズ戦線の行方が論議を呼んでいる。既にCS進出を決めているヤクルトは別として、問題なのは、熾烈な3位争いだ。

 首位ヤクルトから10ゲーム以上も離され、勝率5割すら切る阪神、巨人、広島の、低レベルな三つ巴。こんな成績で日本シリーズ進出を争うというのだから、ルールとはいえ、3球団のCS出場そのものに「恥ずかしいので辞退したらどうか」という声があるのも、また事実。

 CSが始まった07年以降、最も出場回数が多いのは、13回の巨人。そのうち、67勝71敗5分の18年と、61勝62敗20分の21年は、負け越しながらも3位に食い込み、CSに臨んだ。いずれもファーストステージは勝ち上がったが、日本シリーズ出場は逃している。

 10年、ロッテが3位から日本シリーズに勝ち上がり、中日相手に4勝2敗で日本一に上り詰めた一件は「史上最大の下剋上」と言われた。それでもレギュラーシーズンは75勝67敗2分と、勝ち越していたのだ。

 2年連続のV逸という屈辱に甘んじている巨人は、なんとしてでも3位に残りたいところ。仮に3度目の正直とばかりに、負け越しでCSに進出し、ロッテのごとく日本一まで果たしたならば…。

 他球団にとっては屈辱にまみれた、そして巨人にとっては「史上最大の恥ずかしい下剋上」を果たすことになるのだが、そんな可能性がゼロではないのも、CSというシステムなのである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇