スポーツ

“J1昇格”アルビレックス新潟「大化け」の秘密(2)今のスタイルならJ1でも戦える!

 ところが、当のアルベルト監督がJ1のFC東京に引き抜かれ、代わって今季から指揮を執ったのが現監督の松橋力蔵氏(54)だった。

 松橋監督は17年から横浜F・マリノスで4年間コーチを務め、19年にはJ1制覇も経験。21年にアルビレックスへ移籍してきた。

「アルベルト氏の下でコーチを経験していたこともあり、チームが目指すスタイルを継続していくには、うってつけの人材だったと言えます。一般的に前監督が成績不振で解任されると、後継者は一からチームを作らなければならず苦労する。しかし松橋監督の場合は、アルベルト氏によって築かれた土台があった。そのため、自身のエッセンスをすんなり加えることができたのだと思います」(安藤氏)

 低迷期のアルビレックスは、監督選びで「負のスパイラル」に陥った経験を持つ。04年以来守ってきたJ1の座から落ちた17年は、当時の監督が10試合指揮を執っただけで成績不振のため辞任。元日本代表で知名度もあった呂比須ワグナー氏(53)が後を託された。

 しかし思うような戦いはできず、チームワーストタイとなる6連敗を喫するなど、散々な成績で終わってしまった。

 J2降格後も毎年のように監督が途中交代する異常事態が続き、呂比須氏招聘が失敗に終わった影響からか、内部での昇格人事の繰り返し。リーグ関係者や報道陣からは「内部昇格を繰り返すことで閉塞感が漂い、ダイナミックさを失っている感がある」と指摘されることもあった。

 その悪い流れを完全に断ち切ったのが「外様」出身の松橋監督である。

「マリノスの下部組織を長く指揮してきた人で、若手育成には定評がありました。アルビレックスでもMFの秋山裕紀(21)、FWの小見洋太(20)といった若い選手を『ミスしてもいいから積極的に仕掛けろ』と言って起用し、成功しています」(安藤氏)

 昨季の経験も生かされた。安藤氏によると、シーズン終盤に失速したのは、相手チームに対策を立てられた結果、思うように打開できず、勝ち切ることができなかったことが原因だったという。

「J1と違ってJ2では、守備を固めて確実に勝っていこうと考えるチームが多い。従って、アルビレックスのように自らボールを保持して主体的にゲームを進めるチームに対しては、次の対戦でしっかり対策を立ててくる。昨季はそこを突破できませんでした」(安藤氏)

 低迷期と違って、課題は明らかだった。アルベルト監督の指導で守備はすでに安定している。残るは、いかにしてゴールを奪うか。サイド攻撃や中央からの崩しなど、攻撃のバリエーションを増やした。

 さらに、そこに至るまでのパスの精度も高めた。練習でもボールが浮いたら選手同士で「浮いているぞ」と指摘し合うなど、技術の向上にこだわったという。

 来季は6年ぶりにJ1の舞台に帰ってくる。

「今のスタイルならJ1でも十分に戦えると思います。また、地域密着が根づいて、サッカー熱の高い新潟でプレーしたいという選手も多いので、いい補強ができる可能性もあります」(安藤氏)

 来春のJ1開幕まで約半年。ひと昔前は雪国のため「スポーツ不毛の地」とも揶揄された新潟のサポーターたちにとって、今冬の雪解けはいつにも増して楽しみになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」