社会

みのもんた「集団的自衛権を行使したらアッという間に戦争だよ!」

20140619h_2

 すっかり蒸し暑くなってきたね。夏が近づくと、日本人なら70年前の戦争のことを思い浮かべるよね。この議論はまた盛り上がるだろうから、今のうちから考えておかないとね。

【憲法解釈変更で集団的自衛権行使へ】

安倍総理が私的諮問機関の報告書を受け、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認について、会見を開き、みずからの口で国民に説明を行った。与党協議も始まり、想定される事態によって集団的自衛権行使を認めるのか、認めないのかを決定する方向で議論が進んでいる。

 安倍さんが言ってることでおかしいなと思うのが、「これまで使ってきた憲法を変えずに、解釈を変えよう」っていうこと。これって、どういう意味なのか。

 例えば、目の前で泣いてるお嬢さんがいるとするじゃない。その涙が悲しいことがあったことによる「苦痛の涙」として、今まで語られてきたとする。それをある日、突然「いや、これはうれしくってワンワン泣いてる『歓喜の涙』ですよ」って説明されて、「ハイそうですか」って言える?

 つまりはそういうことじゃないの。「解釈を変える」って、オッカシイよなあ!

 安倍さんは今の憲法を変えたくてしょうがないんだけど、「過半数の国民の賛成」を取り付けなければいけない憲法改正は現実的には難しい。だから、解釈を変えて何とか通したいみたいだけど、何でそこまで集団的自衛権に熱心なんだろうね? そんなに戦争に巻き込まれたいの?

 先日の会見でも、安倍さんがパネルを使って例えを出した。そうした想定される事態によって、集団的自衛権を行使するか否かを決めておくということなんでしょう。

 そうした事例で、よく「目の前で同盟国の船が砲撃されたら、『我々は関係ない』って言えますか?」というのを聞く。それで安倍さんは武器を使用して助けろって言っている。そんなことしたら、早々に巻き込まれますよ。アッという間に戦争だ。

 何も助ける必要がないと言うつもりはないよ。そんな時、我が国はやはり武器を持たずに助けに行くしかない。それでいいんじゃないか。それでも、攻撃してくるようなら、国連や国際社会が騒ぎだす。「素手で助けに来た国を、あの国は撃ちやがった」ってね。その国は総スカンですよ。

 何も「親分のアメリカが襲われたから、子分の日本が仕返しに行きます」みたいな、暴力団的なことをする必要はないんだ!

 日本国憲法は「アメリカに作られた憲法だ、日本人の手で作り直さなければならない」なんて言う人もいるけどさ、こんなわかりやすくていい憲法をなぜ変える必要があるの? 「武力の行使は国際紛争を解決する手段としては、永久に放棄する」って、すばらしいことじゃない。それを誇りに思えないのかな?

 それに自国の問題ならまだしも、他国の問題を武器持ってどうにかするってさあ、今の自衛隊員が行くのかな? 全員とは言わないけど、「戦争しない」って言うから、入隊した人は意外と多いと思うんだよね。

 だからこそ、日本だって自分の身を守る時や、自国民を守る時はしっかり動く。「アメリカに頼るばっかじゃいかん」という議論をするのは納得するよ。

 本当に戦争が軽々しく扱われているというか‥‥。国会議員も、もう戦争経験のない人ばかりになっちゃった。戦中に生まれて、MPのジープに追いかけ回された世代すら少なくなった。そんな「戦争の悲惨さもわからん若僧が何言ってんだ!」と言いたいね。

 この問題に関してはマスコミも腰抜けてるのが情けない! 特に、テレビが何も言わない。私の番組があったら‥‥。私がテレビに出ていないのも、安倍政権の陰謀かもしれないな! なーんてね(笑)。

◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。以後、数々の番組で司会、キャスターを務める。1週間で最も生番組に出演する司会者のギネス記録保持者でもある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」