芸能

hitomiのブレイクは小室哲哉のプロデュース失敗から始まった

 歌手のhitomi(38)が6月4日、自身の公式ブログで2度目のデキ婚を発表した。

「私、hitomiは先月入籍をしました。お相手の方は一般の方です」と報告。1歳年上、藤井フミヤ似の会社経営者で昨年9月に知人の紹介で知り合い意気投合、今年5月に入籍した。現在妊娠5カ月で11月に出産予定だという。

「hitomiのモットーはゴーイングマイウェイ。昔から他人がとやかく言おうが全くぶれない。ライブで衣装を脱ぎ捨て下着で歌ったり、妊婦ヌードをアルバムのジャケット写真に使ったり、ロングヘアーで胸を隠した髪ブラヌードを宣伝に使うなど、いいと思ったことは率先してやってきた。常日頃から『自分の生き様に対して責任を持ってるし、たとえコケようが何しようが、それが私と言える自信がある』と言い続けている。アラフォーながら2度目のデキ婚にも焦りはゼロ。我が道を貫く男前ぶりが、ファンの共感を読んでいます」(音楽ライター)

 hitomiの最初の結婚は2002年。10年来の友人だったガスボーイズの元ラッパーと結婚、2007年に離婚している。2008年6月に俳優の羽田昌義とデキ再婚。妊娠4カ月だった。半年の別居を経て2011年12月に離婚。育児にも家事にも参加しない夫に愛想をつかしてのブチ切れ離婚だった。目下つわりと闘いながら、5歳の娘、3度目の夫と3人暮らしをしている。

 芸能界入りは1994年春に合格した雑誌「Fine」のモデルから。芸能プロダクションのオーディションでhitomiをみそめた小室がプロデュース、関係が始まった。ファースト・シングル「Let’s Play Winter」でデビューしたが、飛ぶ鳥を落とす勢いの小室ファミリーの一員に名を連ねながら、オリコン100位にも入れない落ちこぼれぶり。

「2人の関係はずるずる続いたが、結局小室のもとではブレイクせず。小室に捨てられ、自分で作詞し、セルフプロデュースした2枚目のオリジナル・アルバム『by myself』がミリオンセラーを記録。以来自分の勘を信じて突っ走ってきた。小室がコケなかったら、今のhitomiはなかった」(芸能リポーター)

 ムチムチポチャポチャボディを徹底した自己管理と筋トレで搾り上げ、スレンダーボディに変身させるなど、見た目から変えた。常に前向きでありのままの自然体な歌詞、自立した大人の女への演出で成功したのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」