政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「『悪い人がのし上がる』現実社会です」

 私は国会議員の秘書をやっております。元議員の宮崎さんにこんなことを話すのもおこがましいのですが、社会は「いい人がバカを見て、悪い人がのし上がる」‥‥と、政治の裏側を見てそう感じます。これは政治に限りませんが、この現実をどう思いますか。早くも次の総理の座を狙った動きもあり、足の引っ張り合いが始まっています。

 まず現状の政権は、確かにヤバそうです。旧統一教会絡みの山際さん、失言の葉梨さん、政治資金疑惑の寺田総務相といった大臣のドミノ倒しが。激しく問題になっている「もうひとり」が更迭されたら、レッドカードです。

 この流れは全て、安倍元総理の銃撃死から始まっています。つまりは、奈良県警のせいですよ。安倍さんを守りきれなかった自分たちの失態をごまかすために、旧統一教会の問題を流布しているという話も出ています。実際、追及されるべき奈良県警の情報が一切出てこないんですから。

 噂によれば、警察内で派閥闘争が起こり、官邸が抱えている警察トップを引き摺り下ろす動きもあるのだと。本来は政治と警察が一枚岩となるべき時期に、内情がもうグチャグチャなんですよね。

 さて、「いい人がバカを見て、悪い人がのし上がる」です。先ほどの政治と警察の足の引っ張り合いをとっても、今の警察には「悪」な感じがあります。

 でも人は追い詰められると悪い部分が出てしまうし、「いい人がバカを見る」のは世の常で、どうすることもできない。大きくイメージダウンしましたが、萩生田さんなんて、まさにそんな人です。次の総理は萩生田さんだ、と囁かれていたほど人望が厚い人。与党だけでなく、野党も含めて信頼されています。

 こんな話があります。彼が経済産業大臣になってすぐ、秋田の山奥に住むおばあちゃんから、萩生田さん宛に手紙が来ました。内容は「大臣へ。私はこの冬、ボイラーのない家で過ごすことになります。壊れてしまったので電気屋に見てもらったところ、部品がなく、取り寄せるだけで半年かかります、と断られました。なので沸騰させたお湯をバケツに入れて、何回かに分けてお風呂に運んでいます」というもの。

 驚いた萩生田さんが調べたところ、本当に半導体が足りず、困っている地域がたくさんあった。そこで着目したのが、オリンピックで使用した選手村の給湯器です。それらを買い取って、困っている人たちに送り、さらには半導体工場も急ぎ、建設したというんです。

 とはいえ、萩生田さんはやはり旧統一教会の問題でマスコミが騒いだ影響も。次の総理は順当に考えると茂木幹事長あたりでしょうか。茂木さんもいい人です(厳しいけど)。電力自由化をやったのは、経済産業大臣時代の茂木さんですから。彼が総理になれば、規制撤廃を推進して経済が元気になる可能性があります。地道ではありますが、ようやくお鉢が回ってきたな、という感じです。

 ということで、結論としては「いい人には、いずれはお鉢が回ってくる」。世の中、捨てたもんじゃない、と考えましょう。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴