社会

「大阪湾にクジラ、東京湾にトド」が示唆する「日本人は平和ボケから目覚めよ」のメッセージ

 大阪湾にマッコウクジラが迷い込んだかと思えば、次は東京湾にトド出現。日本の近海で今、何が起きているのか。

 思い出されるのが昨年6月、黒海に打ち上げられた100頭以上のイルカの死骸だ。

 ロシアのウクライナ侵攻後、黒海沿岸ではイルカの異常行動が確認されており、「ロシア軍艦や潜水艦からの低周波が原因の可能性が高い」とトルコの海洋生物学者が声明を出した。

 ロシアは黒海や地中海で軍事演習を実施しており、北はノルウエーから南はモロッコまで、周辺国の軍艦が地中海に集結するなど、緊張感が高まっている。

 海洋生物は軍艦や潜水艦から出される低周波でパニックになって群れから逸れたり、岸壁に激突したり、浅瀬に座礁する。ロシア軍艦は低周波を出し、イルカをパニックにさせることで他国の軍艦から自国軍艦を守っている、と米シンクタンクに指摘されている。

 トルコでイルカが大量死したのと同じ22年6月、日本近海にも緊張が走った。6月9日から月末にかけて、ロシア艦艇5隻と中国艦艇4隻が相次いで、北海道根室沖から宗谷海峡あるいは津軽海峡を通過。伊豆諸島を通過して沖縄本島と宮古島間を通り抜け、長崎県の対馬海峡から日本海へと、日本列島を半周したのだ。

 ロシアと中国は近年、同様の日本列島縦断を何度も試みており、21年9月にもロシア潜水艦1隻と中国の駆逐艦など4隻が、北海道の宗谷岬から鹿児島の種子島まで、やはり日本列島を半周している。

 防衛省の公式発表以外にも、沖縄でダイビング経験のある人なら、ガイドや現地ダイバーに、国籍不明の潜水艦に遭遇したという話を聞いたことがあるだろう。

 とにかく岸田内閣は、ロシアと中国にナメられ放題。なにしろ、近海を好き放題に荒らされる。その上、ビザを一時停止にされている中国からの旅行者にはタダでコロナ治療を施し、日本の薬をお土産にお持ち帰りいただくというお人好しっぷりを発揮している。さらに日本の海を守るはずの海上自衛隊は、瀬戸内海で航行不能で座礁する体たらくだ。

 テレビのワイドショーは「淀ちゃん」などと呼んで大ハシャギし、衰弱したマッコウクジラがなぜ淀川河口まで迷い込んだのか、深く掘り下げようとはしなかった。岸田内閣と似たりよったりのレベルだ。何も言わずに死んでいったマッコウクジラ、そして突然姿を見せたトドは我々に、そろそろ平和ボケから目覚めろ、と伝えたかったのではなかろうか。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」