スポーツ

2月競馬「儲かる川田」「損するルメール」馬券で必勝大作戦!(3)乗り替わりの時は疑ったほうがいい

 2月19日まで開催される東京競馬場の成績に目を移すと、ここでも馬券に有効なデータが見えてきた。

「川田騎手は騎乗回数が少なく、好走率や回収率も決して悪くはないくらいの水準。とはいえ、20~22年に限ると、5歳以上の馬や前走が今回より長い距離の馬に騎乗した時は、単複の回収率が非常に優秀です」(伊吹氏)

 ここ数年、栗東所属ながら関東での騎乗が多いルメールは、1月22日までの中山は<3 3 3 22>とわずか3勝だったが、舞台が東京に替わると1日6勝をあげるなど、復調気配にある。

「東京でのルメール騎手は基本的に信頼できるような印象があり、実際にいくつかのコースは回収率が優秀でした。しかし昨年は、全体的に好走率が低かった上、単勝回収率が60%、複勝回収率も78%です。今後も過信禁物とみるべきでしょう」(伊吹氏)

 中でも特に落ち込みが激しかったのがダートの中長距離戦だ。

「17年から21年までの5年間を見ると、2100メートルでの3着内率は59.5%、複勝回収率が111%と好成績を収めていました。ですが昨年は3着内率が30.8%、複勝回収率は45%。1600メートル戦にしても、19~21年の3着内率55.6%、複勝回収率80%に対して、昨年は3着内率44.1%、複勝回収率70%と落としています。22年10月のグリーンチャンネルCの時もそう。1番人気のアドマイヤルプスで9着に敗れているように、以前とはかなりイメージが変わっています」(伊吹氏)

 1月29日の東京3R(ダート1600メートル)でも1番人気で10着、11Rの根岸Sでは3番人気のテイエムサウスダンを14着に沈めた。

「この2頭はともに乗り替わりだった。継続騎乗じゃない場合は疑ったほうがいいね。昨年から追い切りに乗る回数が減っている印象があり、レースでも逃げたり、追い込みだったりとポジションにバラつきが見られる。逆に川田は追い切りにまたがってからレースでの騎乗を判断することも。調教師が馬の状態について『川田が乗ってくれるから(大丈夫でしょう)』なんて答える場合もある。この調子なら武豊以来となる2年連続『騎手大賞』もあるかもよ」(デスク)

 2月は「阪神の川田」と「東京のルメール」の買いどころを見極めて、常勝を目指してみてはいかがだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒