特集

掛布雅之 超攻撃的個人主義で上位球団を食うDeNAとヤクルトの「猛威」(1)

Sponsored

 今夏のセ・リーグのペナント争いは、2つの台風の目が猛威を振るっています。それはDeNAとヤクルト。前半戦で出遅れた両チームが打力を武器に上位チームを苦しめています。巨人、阪神、広島に中日まで含めた上位4チームはダンゴ状態。抜け出すためにはDeNA、ヤクルト相手に悪くても2勝1敗でいきたいところが、負け越すケースが増えているのです。

 巨人は8月5日からのDeNA3連戦で3連敗を喫しました。中日も8月1日からのヤクルト3連戦で3連敗を食らっています。シーズンの覇者となるための鉄則は、3連戦3連敗だけは避けること。しかも、5位や6位の球団に3タテされると、チーム全体が精神的なダメージを負ってしまいます。

 今、セ・リーグの投手に投げたくない打線を聞くと、口をそろえてヤクルト打線と言うはずです。ピッチャーの疲労がたまる8月に入り、手がつけられない状態で、7月30日の阪神戦(甲子園)から8月10日のDeNA戦(横浜)まで、球団初、プロ野球史上6度目の10試合連続2桁安打をマークしました。

 1番に座る山田は打率3割を大きく上回り、本塁打も20本を超えているのですから、相手バッテリーは初回の1球目からプレッシャーを感じます。履正社高から10年のドラフト1位で入団。当初から小川監督がその素質に大きな期待を寄せていましたが、4年目で覚醒したと言っていいでしょう。レギュラーとして初めて迎える夏も、このまま突っ走りそうな勢いです。

 最大の武器はバットを思い切りよく振れること。かつて「ブンブン丸」として人気を博した池山を彷彿とさせるような強いスイングは、簡単なようでなかなかできることではありません。しかし、それは最下位ヤクルトのチーム状況だからこそできる打撃とも言えます。優勝争いをしているチームの1番打者は、あそこまで気持ちよく振ることはできないのです。

 例えば阪神の上本がそうです。何としても塁に出なければいけない場面など、コースに逆らわない右打ちや、ファウルで粘っての四球など、必死にボールに食らいついていく姿勢が求められます。ところが山田の場合はノンプレッシャーで積極的にフルスイングしてきますから、相手バッテリーも勢いに飲まれてしまうのです。

 普通のチームなら、山田は3番を任せたい選手です。でも、ヤクルトには3番が適任の川端という高い打撃技術を持った選手がいます。そして、バレンティン、畠山、雄平と力強いスイングをする選手が並び、8番の中村も打力がありますから、相手は息つく暇がありません。2割9分に近いチーム打率は驚異的で、切れ目のなさでいうと日本一に輝いた85年の阪神打線以上と言えるでしょう。

 爆発的な攻撃力を持つだけに、相手ベンチは9回の最終的なスコアをしっかり予測して采配する必要があります。向こうが7点ぐらいの勝負を臨んでいるのに、2、3点で勝つような野球をしていては落とし穴にハマります。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!