政治

「衆院総選挙は今年9月」の一択!岸田総理が秋の臨時国会召集後「冒頭解散」を秘かに決断していた

 岸田文雄政権に対する「中間評価」として注目された衆参補欠選挙(衆院千葉5区、衆院和歌山1区、衆院山口2区、衆院山口4区、参院大分選挙区)は、自民党が日本維新の会や立憲民主党の追い上げに苦しみながらも、4勝1敗で勝ち越しを決めた。この結果を受け、自民党内では早くも衆院解散へ向けた憶測が飛び交い始めている。

 最も有力視されているのが、5月に岸田総理のお膝元・広島で開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)後の電撃解散だ。「サミット効果で支持率を上げ、野党間の選挙協力体制が整わないうちに、一気に勝負をつけてしまえ」という主戦論である。

 だが、かねてから噂されてきた「いかにも」の憶測が当たったためしはない。

 今回の衆参補欠選挙を振り返ってみると、参院大分選挙区はわずか341票差の辛勝。また、安倍晋三元総理の死去にともなう衆院山口4区補選も圧勝とはならず、衆院千葉5区に至っては、候補者の一本化に失敗した野党の敵失による棚ボタ勝利だった。

 しかも、通常国会の会期中に解散に打って出るとなれば、国民が納得するそれなりの理由が必要になる。だが、そんな大義名分はどこにも見当たらない。結局は「衆参補欠選挙の勝利に乗じて解散しただけ」との烙印を押されてしまうのが関の山なのだ。

 ならば、解散権を専権事項として握る岸田総理自身は、どう考えているのか。与野党をはじめ、国民が注目するこの点について、総理に近い岸田派の有力幹部は、

「ズバリ、岸田さんは通常国会終了後に内閣改造と党役員人事の刷新を断行した上で、9月に召集する秋の臨時国会の冒頭で解散宣言するハラを固めつつあります」

 その上で岸田政権の内情を、次のように明かしたのである。

「岸田さんの総裁任期は来年9月まで。サミット後の早期解散に踏み切れば、総裁選までに支持率が再び低下するなど、予測できないリスクが生じてきます。一方、今年9月の解散であれば、防衛費や少子化対策費のための増税について信を問う、という大義名分を掲げることができる。岸田さんにとって、秋の臨時国会での冒頭解散以外、選択肢はないわけです」

 維新と立憲民主の喧嘩状態が今後も続けば、自民党は再び敵失で勝利することになる。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」