スポーツ

名手がズバリ指摘!「三冠王」ヤクルト・村上宗隆の打撃不振より大問題な「失策王」の致命的欠陥

 ヤクルト・村上宗隆が、なかなか不振から抜け出せないでいる。打撃成績はセ・リーグ規定打席到達者の最下位争いを繰り広げる体たらくだが、

「バッティング以上に深刻なのは、守備でしょう。昨年15、一昨年13と、三塁手としてリーグ最多失策を記録していますが、今季はすでに7つを数え、失策王の汚名返上とはなっていません」(スポーツ紙デスク)

 ヤクルトOBの野球解説者・宮本慎也氏が、5月9日にYouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉で語ったところによれば、

「守備位置が深すぎるんですよ。あそこが無難にこなせる距離として、深くしてるんじゃないかなと。憶測ですけど。ボクはもうちょっと前の方がいいと思いますよ。例えばバウンドが合わなかった時に、下がれる時間も欲しいんですよ」

 現役時代に遊撃手部門、三塁手部門で10度のゴールデングラブ賞に輝いた宮本氏のアドバイスだけに、説得力を伴っている。

 さらにもうひとつ。スローイングは「縦」が基本であり、「横」にしてしまうと、

「全方向に悪送球の可能性が出てしまうんですよ」(宮本氏)

 その上で「守備位置の見直し」「キャッチボールをもう1回、丁寧に」と助言したのである。

 かつて巨人の坂本勇人は、他球団でありながら現役時代の宮本氏に教えを請うた。そこで「キャッチボールは肩慣らしではなく、スローイングの練習である」と真の意味を知ることに。そして「縦回転」のスローイングに矯正している。

 低調ヤクルトの復活は、村上の両肩にかかっていると言っても過言ではない。打撃復調と守備力の強化が急務なのである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え