女子アナ

「新バス旅」赤江珠緒と三船美佳が宿泊ホテルのベッドでいきなり…つかみ抜群の歓喜シーン

 7月22についにスタートした「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅W」。

 もともとは太川陽介と蛭子能収をはじめ男性2人のコンビ+マドンナの3人で旅をするフォーマットだったが、今回から女性3人のトリオに変更。タレントの三船美佳、フリーアナの赤江珠緒、ももいろクローバーZの高城れにが厳しい旅に挑んだ。

 そんな3人の旅にバス旅ファンが歓喜するシーンがあったという。

 夜になりホテルに入った3人は、部屋の様子を見るため赤江の部屋へ。すると三船がベッドにダイブし、赤江が必死になってそれを止め「私の部屋を先に荒らして!」と笑いながら文句を言ったのだ。

 実はこのやりとりは、かつて太川と蛭子のお約束となっていたシーンだった。太川が蛭子のベッドに横になり蛭子が嫌がるという仲睦まじいシーンが何度も繰り返されてきたのだが、そんなちょっとしたシーンの再現に、多くのバス旅ファンは胸を熱くしたようだ。

 ただ、初代コンビのシーンは継承された一方、二代目の田中要次と羽田圭介によるお馴染みのシーンは受け継がれていなかったという。テレビ誌ライターの話。

「田中と羽田の場合、ホテルで部屋が空いているかどうか確認するシーンが有名でした。田中がフロントへ聞きに行き、重い表情で戻ってくる。部屋がないのかと思いきや、『あるよ』と決めゼリフ。これがお約束だったのですが、残念ながら新トリオはやりませんでしたね」

 人気だった初代コンビの伝統は受け継ぎ、評判がいまひとつだった2代目の芸はスルーしたのか。となると、新女性メンバーはなかなかのヤリ手なのかも?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?