スポーツ

掛布雅之 2014年のプロ野球レギュラーシーズンを総括!(1)

20141023i

 ポストシーズン真っ盛りです。クライマックスシリーズ最終ステージから日本シリーズへ。この時期までプレーできるチームは幸せです。一方で、敗れ去ったチームは来季に向けて、早くも準備、スタートを切っています。日本一を目指す戦いは続きますが、ひとまず、私なりに2014年のプロ野球を総括してみましょう。

 記者投票で決められる両リーグの最優秀選手(MVP)は誰が選ばれるのか。例年、優勝チームから選ばれる傾向が強いのですが、巨人のレギュラー野手で目立つ活躍をした選手はいません。となると、エースの菅野が本命でしょう。故障で夏場に約1カ月離脱したものの、最優秀防御率タイトルを獲得し、12勝をマークしました。パ・リーグは惜しくも優勝を逃しましたが、防御率1.98で両リーグトップの16勝をあげたオリックス・金子が最有力候補です。優勝したソフトバンクから選ぶとなると、セットアッパーで活躍した五十嵐にも票が集まるでしょう。

 私に投票権があれば、セ・リーグのMVPは足のスペシャリストの巨人・鈴木尚広に1票を投じます。今年の巨人は思惑どおりに打線が機能しない中で、粘り強く接戦を制して貯金を増やしました。リーグ最少の失策数で守り勝ったシーズンと言えるでしょう。守り勝つことはイコール、競り勝つこと。その象徴的な存在が鈴木尚でした。阪神も彼の足に屈した試合がいくつかありました。その接戦を逆にモノにしていれば、巨人との順位が入れ代わっていたかもしれません。

 セ・リーグを大いに盛り上げた広島の菊池、丸の同学年「菊丸コンビ」の活躍も印象的でした。菊池はずばぬけて広い守備範囲で、自身が昨季記録した二塁手528補殺のセ・リーグ記録を更新しました。打つほうでも首位打者のマートンを脅かすほどの高打率を残し、今や日本球界NO1の二塁手に成長したと言えるでしょう。

 センターの丸も4割を超える出塁率に長打力も兼ね備え、3番打者として力をつけました。今年の広島はエースの前田が波に乗りきれなかっただけに、菊池、丸の2人の活躍がなければBクラスだったはずです。走攻守の3拍子がそろい、体も強い。山本浩二さんや衣笠さん、高橋慶彦など、一昔前、私たちの時代の広島のスター選手を彷彿とさせる存在です。今後は広島だけでなく、日本球界をも引っ張れるようなコンビとなりそうです。

 下位に低迷したチームでも、以前にも当コラムで取り上げたヤクルト・山田、DeNA・筒香ら若手野手が飛躍したシーズンとなりました。投手で光るモノを感じたのが、中日・福谷です。ルーキーイヤーの昨季はケガの影響で9試合の登板に終わりましたが、プロ2年目のシーズン後半は150キロを超えるストレートを武器に故障した岩瀬、浅尾に代わるストッパーを務めました。指にかかった時のストレートは阪神の呉昇桓にひけを取りません。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?