スポーツ

「言語道断だ」の大反対!巨人・坂本勇人「7月12日復帰」で巻き起こる「玉突き守備」トラブルと「不協和音」

 打撃不振で2軍調整する巨人・坂本勇人の1軍復帰が、V奪回をもくろむ阿部巨人の大きな火種になりそうだ。新たなポジション問題が勃発する可能性があるからだ。

 阿部慎之助監督は「早くて(次の東京)ドームぐらいかな」と、DeNA3連戦となる7月12日からの合流を示唆している。さる球団OBはこう語る。

「坂本が戻ってきたら、どこを守らせるのか。負担の大きいショートに今さら据えるわけにはいかないだろうし。かといって今季、守っていた三塁には、ゴールデングラブ賞に輝いた岡本和真が出戻っている。岡本を再度、一塁に戻すという考え方もあるが、4番のプライドはどうするのか。もちろん、坂本を一塁に再コンバートする可能性もあろうが、すると5番に定着している打撃好調の大城卓三がハミ出ることになる。これは難問だろう」

 坂本に三塁を守らせ、岡本は外野手で、というプランもあるが、スポーツ紙遊軍記者は「それこそ言語道断だ」と一刀両断し、こう続けた。

「確かに昨年のWBCで岡本は外野の練習をしていたし、意外にうまい。実際に守れるでしょう。でも坂本の起用を優先するようでは、やっとうまくいき始めているチーム内に、不協和音が充満しかねない」

 前出の球団OBもこれに頷く。

「坂本にどこを守らせるかによって、守備位置を大シャッフルする可能性が出てくる。優勝争いが混迷しているだけに、そんなリスクを冒してはダメだ」

 そして阿部監督が思い描く12日復帰には、時期尚早とする声が多い。

「坂本は近年、毎年のように故障でリタイアしていることを考えれば、今回の精神的なリフレッシュが完了したからといって、焦ってはダメだと思います。次にパンクしたら、選手生命を脅かしかねない」(前出・スポーツ紙遊軍記者)

 もし巨人がV奪回、もしくはクライマックスシリーズ進出、その先に待ち受ける日本シリーズに出場することになれば、経験豊富な坂本の力は必要になってくる。往年の坂本の力を知り尽くしている阿部監督が頼りたい気持ちは分かるが、現段階での早期復帰は、様々なリスクとハレーションを孕んでいる。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」