スポーツ

黒田復帰で広島中が熱狂!「今年こそカープが優勝じゃわい!」(3)“黒田”効果の凄さとは?

20150409d

 さて、そんな今季のカープの象徴である黒田について、尾関が言う。

「黒田の男気復帰による他の選手への波及効果は絶大です。黒田に教えを請う選手で『黒田塾』が結成されました。もともと、球団は『黒田投手に負担がかかる』ということで選手たちに入塾自粛を要請していたのですが、逆に黒田のほうがマエケン、大瀬良大地(23)に近づき、入塾となったみたいです。そしてさっそく、黒田は大瀬良に左打者のボールゾーンからストライクに入る『フロントドア』のツーシームを伝授。メジャー仕込みの魔球を習得したプロ2年目の右腕が覚醒します」

「カープ狂の美学」(宝島社)などカープに関する著書が多数あり、「なぜ彼女たちはカープに萌えるのか 新〈カープ女子〉論」(角川書店)を出版したばかりの、RCC中国放送コメンテーターで作家の迫勝則氏も次のように黒田を評するのだ。

「球そのものはマエケンや大瀬良に比べてすごいとは思いませんが、打たれたら次は抑えるという投球術がみごとです。オープン戦2回目のオリックス戦の登板で、ブランコに本塁打を打たれましたが、次の打席では手玉に取った。ここで併殺が欲しいというところでは必ず(併殺打を)打たせますね。黒田は全ての球を動かすようになりましたが、『きれいなストレートを投げたい、というのは自己満足だ。自分が満足することはチームに迷惑をかけることが多い』と言っています」

 投球も男気そのものなのである。

 黒田はメジャー時代のような150キロを超える球を投げなくなったが、

「本人いわく『10球で降りるつもりはない。投げたら最後までいかないとダメでしょうね。ミスター完投を目指しています』と発言している。中4日で100球メドのメジャー時代とは考えが変わっています」(スポーツ紙デスク)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”