スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ベルルミエールが大波乱を演出する」

20150521dd

 今週は春の女王決定戦「ヴィクトリアマイル」が東京で行われる。14年は11番人気がV、13年は12番人気が2着、12年は4番人気と7番人気で決着し、過去3年は馬単万馬券の波乱含みの一戦。はたして今年も大荒れなるか。

 創設されてからわずか10年。歴史は浅いが、歴代の勝ち馬の中には、その活躍から「女傑」とうたわれた馬が何頭かいる。今年はどんなドラマが誕生するのか、興味が尽きない。

 現有勢力ではハープスター(先週引退を表明)と、ラキシスの名がないくらいか。そのハープスターと最優秀3歳牝馬の座を争ったヌーヴォレコルトが圧倒的な評価を得て中心視されている。このヌーヴォは、ラキシスとエリザベス女王杯で大接戦を演じている。であるなら、この馬を下馬評どおり主力に置いて馬券的には“2着探し”と見るべきなのだろうか。馬券の筋からすれば、確かにそうだ。

 今季のスタートとなった前走の中山記念からして強かった。皐月賞馬ロゴタイプをねじ伏せての勝利は、昨秋からさらにパワーアップしている印象を与えたものだ。この勝利のあとは、ここ1本に備え短期放牧でリフレッシュ。じっくりと調整してきただけあって、斎藤調教師はじめ厩舎スタッフは「また一段と良化。すばらしい状態にある」と、胸を張るほどだ。

 なら、この馬で“絶対”か。重箱の隅を楊枝でつつくようなささいなことかもしれないが、ちょっぴり不安材料もなくはない。

「妙にピリピリしている」のだという。これは2週前の追い切りを控えての厩舎関係者の弁。そしてその際の稽古は予定していたより軽かったのだ。これは見た目の印象だったが、その時の馬体はスカッとして締まりがよく、もう明日でも走れそうな感じだった。

 もともと気性が勝った馬で仕上がり早。調整過程に誤算が生じたのでは‥‥と勘ぐりたくもなるのだ。蓋を開けたら、体重減があってイレ込んで“2走目のポカ”を演じないともかぎらないではないか。

 いずれにしても穴党としては、この本命馬から入るわけにはいかない。

 ざっと見渡して、他の有力どころは全幅の信頼を寄せきれない。目下3年連続して馬単で万馬券になっており、波乱の目はなくはない。今年も‥‥と期待してイチオシしたいのがベルルミエールだ。

 過去9年を振り返ってわかることは、4歳馬が圧倒的に強く(6勝2着7回)、好成績を収めている点だ。ベルルミエールも生きのいい明け4歳馬。前哨戦の阪神牝馬Sでクビ差2着と頑張り、勢いに乗っての挑戦。大いにチャンスありと見ての狙いだが、意外や人気がない。

 7ハロンがベストと見られ、マイル戦に勝ち鞍がないからだろう。しかし、力をつける前、昨年のニュージーランドTでは大外枠の不利をはねのけて、差のない3着にふんばっていたのを忘れてはいけない。その後のNHKマイルC(今回と同じ舞台)で12着と敗れたことでマイル戦は長いと見られたようだが、これはもう調子のピークを過ぎていたまで。前々走の京都牝馬Sは、休み明けで重め残り。だから今回あらためて距離の適性を問うべきなのだ。

 確かに父は短距離血統だが、母の父はご存じサンデーサイレンスで、曾祖母の父ソーマレズは凱旋門賞を勝ったステイヤー。マイル戦は十分に守備範囲と見ていいのではないか。そればかりか、マビッシュ(GI4勝、英・仏2歳女王)を近親に、ミゼット(現GI5勝に該当)を曾祖母に持つ良血。ポテンシャルの高さは推して知れよう。

 1週前の追い切りは文句なし。上り調子にある今なら勝機十分と見ていい。

“一発”があるとすれば、ハナズゴールだ。豪州でGIを制したのは周知だろうが、「ようやく本来の姿に戻ってきた」(加藤和師)なら軽視は禁物。この馬の末脚は天下一品。良馬場条件に1票投じたい。

◆アサヒ芸能5/12発売(5/21合併号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス