スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ベルルミエールが大波乱を演出する」

20150521dd

 今週は春の女王決定戦「ヴィクトリアマイル」が東京で行われる。14年は11番人気がV、13年は12番人気が2着、12年は4番人気と7番人気で決着し、過去3年は馬単万馬券の波乱含みの一戦。はたして今年も大荒れなるか。

 創設されてからわずか10年。歴史は浅いが、歴代の勝ち馬の中には、その活躍から「女傑」とうたわれた馬が何頭かいる。今年はどんなドラマが誕生するのか、興味が尽きない。

 現有勢力ではハープスター(先週引退を表明)と、ラキシスの名がないくらいか。そのハープスターと最優秀3歳牝馬の座を争ったヌーヴォレコルトが圧倒的な評価を得て中心視されている。このヌーヴォは、ラキシスとエリザベス女王杯で大接戦を演じている。であるなら、この馬を下馬評どおり主力に置いて馬券的には“2着探し”と見るべきなのだろうか。馬券の筋からすれば、確かにそうだ。

 今季のスタートとなった前走の中山記念からして強かった。皐月賞馬ロゴタイプをねじ伏せての勝利は、昨秋からさらにパワーアップしている印象を与えたものだ。この勝利のあとは、ここ1本に備え短期放牧でリフレッシュ。じっくりと調整してきただけあって、斎藤調教師はじめ厩舎スタッフは「また一段と良化。すばらしい状態にある」と、胸を張るほどだ。

 なら、この馬で“絶対”か。重箱の隅を楊枝でつつくようなささいなことかもしれないが、ちょっぴり不安材料もなくはない。

「妙にピリピリしている」のだという。これは2週前の追い切りを控えての厩舎関係者の弁。そしてその際の稽古は予定していたより軽かったのだ。これは見た目の印象だったが、その時の馬体はスカッとして締まりがよく、もう明日でも走れそうな感じだった。

 もともと気性が勝った馬で仕上がり早。調整過程に誤算が生じたのでは‥‥と勘ぐりたくもなるのだ。蓋を開けたら、体重減があってイレ込んで“2走目のポカ”を演じないともかぎらないではないか。

 いずれにしても穴党としては、この本命馬から入るわけにはいかない。

 ざっと見渡して、他の有力どころは全幅の信頼を寄せきれない。目下3年連続して馬単で万馬券になっており、波乱の目はなくはない。今年も‥‥と期待してイチオシしたいのがベルルミエールだ。

 過去9年を振り返ってわかることは、4歳馬が圧倒的に強く(6勝2着7回)、好成績を収めている点だ。ベルルミエールも生きのいい明け4歳馬。前哨戦の阪神牝馬Sでクビ差2着と頑張り、勢いに乗っての挑戦。大いにチャンスありと見ての狙いだが、意外や人気がない。

 7ハロンがベストと見られ、マイル戦に勝ち鞍がないからだろう。しかし、力をつける前、昨年のニュージーランドTでは大外枠の不利をはねのけて、差のない3着にふんばっていたのを忘れてはいけない。その後のNHKマイルC(今回と同じ舞台)で12着と敗れたことでマイル戦は長いと見られたようだが、これはもう調子のピークを過ぎていたまで。前々走の京都牝馬Sは、休み明けで重め残り。だから今回あらためて距離の適性を問うべきなのだ。

 確かに父は短距離血統だが、母の父はご存じサンデーサイレンスで、曾祖母の父ソーマレズは凱旋門賞を勝ったステイヤー。マイル戦は十分に守備範囲と見ていいのではないか。そればかりか、マビッシュ(GI4勝、英・仏2歳女王)を近親に、ミゼット(現GI5勝に該当)を曾祖母に持つ良血。ポテンシャルの高さは推して知れよう。

 1週前の追い切りは文句なし。上り調子にある今なら勝機十分と見ていい。

“一発”があるとすれば、ハナズゴールだ。豪州でGIを制したのは周知だろうが、「ようやく本来の姿に戻ってきた」(加藤和師)なら軽視は禁物。この馬の末脚は天下一品。良馬場条件に1票投じたい。

◆アサヒ芸能5/12発売(5/21合併号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」