スポーツ

FIFA幹部14人起訴で2022年W杯は日本にタナボタ急転する?

20150611s

 ワールドカップ(W杯)を主催する国際サッカー連盟(FIFA)の幹部らが逮捕、起訴された。開催予定国の「白紙撤回」は現実味を帯び、W杯の日本開催に急展開しているという!

 5月27日、米司法省は組織的な違法行為などの罪で、FIFAの副会長ら14人を起訴したと発表した。スイス司法当局は米国の要請を受けてこのうち7人を逮捕、世界のサッカー関係者に激震が走っている。

 FIFA幹部らには1991年から24年間で総額1億5000万ドル(約185億円)を賄賂として受け取り、スポーツ関連メディアや代理店に便宜を図った疑いがある。スポーツライターが解説する。

「2011年に1人の元理事が、巨額の脱税容疑で米司法当局に摘発されました。ガンで余命が長くないと知ると、司法取引に協力して、“スパイ”としてFIFA幹部との密談を隠しマイクで収録。情報を提供したのです」

 思わぬ証拠を手に入れたことで、米連邦捜査局(FBI)は、数年前から米国の金融機関を通して金の流れを追跡捜査していたのだ。

「五輪開催地が約100人のIOC委員による投票で決まるのに比べて、サッカー界の重要案件は、わずか25名のFIFA理事会メンバーで決定され、巨大な利権と権限を握っています」(スポーツライター)

 FIFAの収入源は、W杯関連の放送権などで、11年からの4年間で57億1800万ドル(約7000億円)。このFIFA帝国に17年間君臨したのはブラッター会長(79)だが、現在まで捜査対象に含まれていない。

 しかし今回の逮捕は「金まみれの独裁者」陥落への始まりと見られている。スイス検察当局は、18年ロシアと22年カタールに決まったW杯の招致を巡って、不正やマネーロンダリングの疑いがあるとして、FIFA本部を家宅捜索して書類などを押収したのだ。

「この招致について、過去にも贈収賄の疑惑がありました。FIFAは12年に米国出身の元検事に調査を依頼したのですが、昨年、調査結果の公表を拒否。『重大な違法行為はなかった』と声明を出して幕引きした前科があります。ブラッターの側近を逮捕して、逃げられない証拠を固める狙いがあるようです」(外信部記者)

 事件後も、FIFAの広報担当者は記者会見で、

「W杯開催地選定をやり直す予定は、現時点ではない」

 と述べている。だが、スイス当局は18年と22年W杯開催地の決定について、すでに刑事手続きを進めており、“やり直し”の可能性もささやかれている。

「W杯が開催される6月のカタールは猛暑。選考時から試合はできないと言われていましたが、FIFAは今年3月に前代未聞の11月開催を発表しました。その時期に欧州各国はリーグ戦があり、開催に不満を漏らしていた」(スポーツ紙記者)

 28日、渦中のFIFAでは、会長選挙が行われ、ブラッター氏が再選。この一件で会長辞任を突きつけた欧州サッカー連盟会長のプラティニ氏は、

「再選されれば欧州はFIFAから撤退する」

 と鼻息も荒く、カタールW杯開催を覆す交渉を始めると見られている。

 実は、そこで急転しているのが、「22年日本W杯開催」案だという。

「日本は22年開催に立候補していましたが、落選しました。02年の日韓W杯を経験して運営ノウハウはあるし、スタジアムも整っています。10年の南アフリカW杯の時にも、治安の悪化で開催が不可能になった場合、代替候補地として日本があがっていました」(前出・スポーツライター)

“タナボタ開催”の可能性を文部科学省のスポーツ・青少年局に聞いた。

「開催国がどこになるのか、私たちにはまだ情報がないため、どうなるかわかりません」

 こぼれ球をゴールに押し込めれば、アディショナルタイムでの逆転開催もあるゾッ!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故