社会

“麗しすぎる”佳子さま大フィーバーを辛口論客が切る!「アイドル並みの扱いは不敬でおかしい」

20150611t

 美智子さまの「ミッチーブーム」を彷彿とさせる「佳子さまブーム」である。服装についての母娘ゲンカから、男子学友によるダンスパーティでの「争奪戦」など、私生活が露わになる報道が連日続いている。開かれた皇室か、威厳ある皇室か──大フィーバーを右翼、辛口論客が一刀両断した!

 佳子さまの記事を担当するネットニュース編集者はこう驚く。

「現在、ネットで佳子さまの話題は、異常なほどの関心の高さがあります。先日、配信したニュース記事もトータルで100万以上のアクセスがありました。『佳子さま』は完全に必殺のキラーコンテンツと化しています」

 現在、国際基督教大学(ICU)に在学している佳子さま。キャンパス内で、語学クラスの同級生は「セクションメイト」と呼ばれ、学生たちはそれを“セクメ”と略す。しかし、5月12日、ニュースサイト「NEWSポストセブン」が、「誰が佳子さまのセクメになったのか」というタイトルのニュースを報じたところ、直後から編集部に、

「『セクメ』が違う意味を想起させる。不敬だ」

 といったクレームが多数殺到する騒ぎとなった。

 また、5月中旬の日曜日、東京・千代田区の皇居大手門前では、外国人観光客に交じって「佳子さまKFC(佳子さまファンクラブ)」と書かれたプラカードや、佳子さまの写真を貼り付けた大きなウチワを手にした若者たちが集った。そうしたことを警備員がたしなめる風景が繰り返されているという。

 6月11日にICU学内で開催されるダンスパーティでは「自分が相手役を務める!」と、鼻息の荒い男子学生による熾烈な「佳子さま争奪戦」まで勃発している。

 昨年12月29日、20歳の誕生日を迎えた佳子さまだが、成年皇族の仲間入りを果たしたことでメディアへの登場が急増。このような暴発とも言える大フィーバーへとつながった。

 振り返れば1959年、当時、皇太子であった今上天皇が、当時一般人だった皇后の美智子さまと「テニスコートでの自由恋愛」を経てご成婚となった。皇室ブームといえば、その時の「ミッチーブーム」が思い出されるが、今回の佳子さまの件も、皇室にとって約半世紀ぶりに訪れた過熱騒動と言えよう。

 二十一世紀書院代表で、右翼民族派の蜷川正大氏も、「佳子さま」については相好を崩す。

「佳子殿下は、過去のご皇族にはいらっしゃらなかったチャーミングで感情豊かなお方です。これまで、あまりご皇族やご皇室になじみのなかった若い世代に関心を持ってもらえるきっかけにもなるので、好意的に捉えている」

 一方で、単なる興味対象として、アイドル歌手やタレントと同じ扱いをされることに、蜷川氏はこう苦言を呈する。

「軽佻浮薄の報道も多く、ブームがますます過熱することで、だんだんと皇室の尊厳が失われていくのではないかということも危惧される。こうした浮ついた軽々しい報道は看過できないものがある。また、若者たちも賛美の気持ちを表したいのなら、プラカードやウチワを持って行進するのではなく、皇居での勤労奉仕などに積極的に参加してほしいですね」

 しかし、こうした懸念をよそに佳子さまへの国民の関心は高まるばかりだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣