芸能

フジ・加藤綾子 「9月退社報道」の情報元はあのライバルアナ?

20150806e

「女子アナ30歳定年説」はやはり、屈指のスターアナにも適用されるのか。7月15日の「9月退社報道」を機に、カトパンを巡るさまざまな憶測と情報が飛び交っている。その中には、「ライバル」の穏やかならぬ本音も交錯して‥‥。

 今年9月いっぱいで退社してフリー転身、レギュラー番組降板、後任決定、新所属事務所と接触──。「スポーツニッポン」が報じたフジテレビ・加藤綾子アナ(30)にまつわる「衝撃スクープ」に対し、局サイドは亀山千広社長が即日、「まったくありません」と全面否定。加藤アナから「思い当たるフシがないのに何で(報道が)出るのか、私がいちばんびっくりしています」というメールが送られてきたことまで明かすなど、火消しに躍起の様子だった。

「退社に向けた水面下での動きは確かにあった。所属先の候補には、キャスター系ではない2つの大手芸能事務所があがっていました。しかし、事前に(情報が)漏れてしまったものは撤回せざるをえないでしょう。最大で1年先延ばし、最短で来年3月退社に修正することになった」

 こう話すスポーツ紙芸能担当デスクがいれば、

「加藤アナに(複数の芸能事務所から)独立の誘いがあるのは事実」

 と認めながらも、異議を唱えるフジテレビ関係者もいるのだ。

「彼女のように『めざましテレビ』で王道を歩んだ人の退社後の路線は『フォニックス』所属と半ば決まっている。そうでないなら、相当な理由がないと行きづらい」

「フォニックス」は八木亜希子、小島奈津子、滝川クリステル、高島彩、中野美奈子、本田朋子らフジ歴代の看板アナが所属する「フジ系フリーアナ事務所」だ。この関係者が続ける。

「今年9月退社というのは疑わしい。もし辞めるなら、少なくとも半年前の3月には幹部に伝えることになる。そうなれば本格的に“後釜”を育て始めるのに、実際にそんな動きはなかった。『めざまし』を降板すれば代わりのメインキャスターが必要になるけど、その穴埋めの人材はまだ育っていない。加藤アナはそこも見極めている。きれいに辞めたいからね。アヤパンだって、加藤アナが一人前に育ったから辞められたんだから。でないと、フリーになってからの仕事や局との関係に影を落とす。加藤アナは自分の都合だけで辞めるほどバカじゃないよ。来年3月退社なら可能性はあると思うけど」

 そもそも、この「9月退社」はどこから出たのか。さる放送関係者は、

「昨年2月に『ダルビッシュ有と熱愛』と“誤報”したスポニチへの報復として加藤アナがみずから流したガセネタだった、との説のほか、ライバルの生野陽子アナ(31)周辺から漏れたものだという口さがない噂まで出ています」

 生野アナは「○○パン」シリーズの3代目(加藤アナは4代目)であり、「みんなのニュース」のサブキャスターへと移る昨年9月まで、「めざまし」で加藤アナとWメインを務めた。ベテランのフジ局員が言う。

「その噂の真偽はともかく、そう言われかねない土壌はありますね。生野アナは『めざましテレビ』を追われた感覚でいます。『私じゃダメなの?』と。局の説得でしぶしぶ『みんなのニュース』に移り、なおかつ数字(視聴率)が出ていない。しかもメインでもなく、後輩の椿原慶子アナ(29)と同格の扱い。なのに、自分が抜けたあとの『めざまし』は変わらず数字がいい。自分と加藤アナの価値について、焦りとライバル心が湧き、それが加藤アナへの一方的な対抗心になっています」

 思わぬところで波風を立てた退社騒動の結末は──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故