スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ヤングマンパワーを頭から狙う」

20150820zz

 今週は新潟で「関屋記念」が行われる。比較的堅めのレース傾向ながら、今年は傑出馬不在の混戦模様。万券王・水戸は3歳馬を穴馬に指名した。一方、札幌の「エルムS」は、マリーンSを制したソロルが人気の中心。

「競馬場開設50周年記念」と銘打った特別戦が、新潟競馬開幕日のメイン競走として行われたが、夏の名物レース関屋記念も第50回を迎える。新潟競馬場は、元は市内の関屋にあり、それが豊栄(現・新潟市)に移設され今に至っており、関屋に開設され始まった新潟競馬は半世紀がたつわけだ。

 賞金別定で行われるこの重賞は、比較的堅く収まっている。馬単導入後の02年以降、その馬単で万馬券になったのはわずか2回。本命サイドでの決着を見ることが多い(1番人気5勝、2着3回。2番人気2勝、2着3回)。

 ただ、今回の顔ぶれを見渡してみると、ハイレベルで力が接近しており、大きく抜けた馬はいない。不動の中心馬がいない以上、大きく荒れることはないにせよ、難解で、馬券的にはおもしろいレースではなかろうか。

 02年以降を振り返ってみると、4歳、5歳馬がやはり強く、断然ではないが6歳、7歳馬(ともに3勝)の健闘も目立っている。近走の成績がいい馬、上り調子の馬は外せないということなのだろう。ただし“牝馬は夏に強い”と言われるが、この重賞に限ってはそれほど目立っておらず(2勝、2着1回)、やみくもに狙うのは避けるべきだ。

 今回の人気、有力どころをあげてみよう。エキストラエンド、カフェブリリアント、スマートオリオン、そしてマジェスティハーツ、レッドアリオンといったところだろうか。が、前述したように“絶対視”できる馬は見当たらない。穴党としては、やはり他の馬に目をつけてみたい。

 狙ってみたいのは、ヤングマンパワーだ。ただ1頭の3歳馬である。02年以降で3歳の勝ち馬はおらず、連対馬もいない(11年にサトノフローラが3着)。だからといって、3歳馬は厳しいと見るべきではない。そもそも3歳で出走してくる馬が少ないだけなのだ。過去にはエイシンガイモン(96年)など何頭か勝ち負けしていることは忘れるべきではないだろう。

 確かに4歳、5歳の古馬は地力では勝っているが、3歳馬は日を追うごとにたくましくなっていく時期でもある。そうした勢いは無視できまい。それに3歳牡馬は53キロの斤量で出走できる有利さもある。ならば十分互角に渡り合っていいはずなのだ。

 ヤングマンパワーは、過去5戦の全てがマイル戦。GIIIアーリントンCを勝ったれっきとした重賞勝ち馬でもある。前々走のニュージーランドTは、フルゲートの大外枠が響いたもの。前走のNHKマイルCは、前々で決まった緩い流れなのに後ろに構えすぎた。しかし、ともに差のない競馬。能力は間違いなく高い。

 今回はそのNHKマイルC以来3カ月ぶりの実戦になるが、短期放牧でリフレッシュ。ここを目標にじっくり乗り込まれて春とは見違えるばかり。すばらしい状態を誇っている。牧場から、まずは涼しい函館に入厩。抜かりなく調整され、1週前の追い切りの動きも軽快かつリズミカルで実によかった。

「大型馬だが、気のいいタイプ。新馬戦を勝ったように鉄砲駆けする馬です」

 手塚調教師はじめ厩舎スタッフはこう口をそろえ、仕上がりのよさを強調している。ならば狙っていたマイルの重賞。大いに食指が動くというものだ。

 曾祖母リヴァーメモリーズはGI2勝(ロスマンズ国際S、フラワーボウルH)で、近親、一族には活躍馬が多数いる良血。血統的にも今後の活躍が大いに見込める素質の持ち主でもあるのだ。よほどの道悪でないかぎり、頭から狙い撃ちといきたい。

◆アサヒ芸能8/11発売(8/20号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
またふくよかに!? 橋本環奈の突然の体型変化にザワつきも世間からは高評価
2
山田優、夫・小栗旬が「太ってくれ」要請を明かして議論百出!
3
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
4
藤原紀香が胸肌を見せてキスおねだり!最新お誘い画像が艶すぎるッ
5
宇垣美里アナの可愛すぎる扮装にTBSの抱える闇が見えた!?