スポーツ

巨人&阪神 V逸で噴出した“監督交代劇”の内幕「金本監督に対する期待とは?」

20151015j

 こうした準備と同時に9月26日、遠征先の広島へ飛んだ南社長が試合を観戦後、和田監督と会食。その席で南社長は「優勝できなければ退任」という球団の姿勢を再度明らかにして、和田監督も納得した。「自分で責任を取る」と、条件付きながら、辞意を「確約」させたのである。手順を踏んだうえでの、金本監督誕生に向けた電光石火の動きだった。

 阪神では「コーチ経験のない人は監督にしない」という不文律があったが、それを破ってまで金本監督誕生に執心した理由は、ファンの人気と、「アニキ」と呼ばれたリーダーシップへの期待だ。坂井オーナーが、現役時代から金本の持つオーラに引かれていたという点も重要な要素だったという。球界関係者が言う。

「ファンは若返っています。ライトスタンドで暴れているファンのほとんどは、85年の優勝を知らず、印象が強く残っているのは03年、05年に優勝したタイガース。その象徴が、広島からFA移籍して阪神を救ってくれたアニキなんです。和田監督は地味すぎるあまり、観客動員数にも影響していました。阪急阪神ホールディングスにとって何十億円と稼ぐ阪神はドル箱ですから、人気面は無視できないようです」

 また、関西のスポーツライターによれば、

「外国人をはじめとした複数の選手が、和田監督や現コーチをナメていました。カリスマ的な存在である金本氏は、チームにピリッとした緊張感を持たせるためには絶好の人物。あと一歩で優勝できないチームの体質を変えてほしい、との期待感もある」

 阪神は3年の長期契約に総額4億円の好条件で金本を迎える予定で、コーチングスタッフなどについても「金本新監督」の意向を全面的に受け入れる方針だ。

「その組閣に関しては、ぬるま湯につかった阪神色を一新するため、広島OBで昨秋臨時投手コーチを務めた経験もある大野豊氏(60)、バッテリー部門には西山秀二氏(48)を招聘する考えだといいます。また、厳しさでは現役時代、金本氏以上に定評のあった03、05年の優勝戦士でもある下柳剛氏(47)にも声をかけているようです」(球団関係者) 

 推定4億5000万円の高年俸に加え、打撃が振るわなかったマートン(34)の退団が濃厚で、守護神・呉昇桓(33)の去就も微妙。来季の戦力には不安も残るが、鉄人新監督が阪神をどう変えてくれるか、浪花の口うるさい虎ファンたちも大きな期待を寄せている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!