スポーツ

プロ野球”黒いドラフト”封印された真相「荒木大輔は巨人志望だったが…」

20151029b

 早稲田実業のエースとして甲子園で大ちゃんフィーバーを起こした荒木大輔は、根っからの巨人ファン。

「巨人なら(プロに)行きたい。そうでなければ早稲田大に進学」と公言していた。スポーツ紙デスクが明かす。

「本当に巨人以外を拒否していました。荒木獲得を狙っていたヤクルトが実家に日参しても取りつく島がない。荒木の両親はドラフト前からヤクルトに対し、『ウチの子は巨人じゃなければ大学に行くと言っています』と伝えていました」

 ところが、82年のドラフトではヤクルトが敢然と1位指名を強行。巨人と競合しながらも交渉権獲得のクジを引き当てた。この時点で荒木は、大学進学の意思を固めていたという。

「ヤクルトは指名の挨拶もできませんでした。実家のインターホンを押しても出てこない。門前払いで、まったく会ってもらえなかったんです。ついに武上四郎監督が手土産を持参して、じきじきに挨拶に出向くことになった。それでも会うことはかなわず、武上監督は手土産を玄関前に置き、帰りました。ところが荒木はそれさえ取りに出てこようとせず、日にさらされてダメになった。デザート類か何かだったと思います。その様子が報じられるや、すごい反響。『ひどすぎる。会うぐらいはいいだろう』『食べ物を粗末にするな』と世間の批判が殺到したのです」(スポーツライター)

「手土産放置事件」が引き起こした世論に押される形で、荒木はようやくヤクルトと面会する。ヤクルトは熱意を伝え、程なく入団の手はずとなったのだった。

 近年のドラフトで物議を醸した選手に、巨人入団を巡って批判を浴びた澤村拓一と菅野智之がいる。

 10年のドラフトで巨人は中央大の澤村を単独1位指名。「一本釣り」に成功した。ドラフトの約3週間前、巨人の系列スポーツ紙が「澤村の巨人に対する思いは強く、ドラフト会議で他の11球団から指名を受けた場合には、メジャー行きや浪人も辞さない決意を示している」と報道。さらに中央大の監督が、巨人以外の指名を受けた場合には会見を拒否する旨の発言をして牽制も。この態度が巨人以外の指名を妨害する卑劣な工作だとし、「ドラフトの形骸化だ」「事実上の逆指名」と批判を浴びたのだった。

 翌11年、巨人は再び東海大の菅野を巡って騒動を起こす。巨人入団を希望する菅野を日本ハムが競合指名し、クジ引きの結果、交渉権を獲得。これに菅野の祖父・貢氏が「事前挨拶もなく、人権蹂躙だ。失礼じゃないか」と激怒したのだ。前出・スポーツライターが憤る。

「貢氏は、菅野の伯父であり自身の息子でもある原辰徳監督の下でプレーさせたいという個人的な情をドラフトに持ち込んでしまった。指名されて行くも行かないも自由ですが、失礼だと言うのはおかしいでしょう。日本ハムはルールにのっとって指名しているんだから」

 菅野は日本ハム入団を拒否して「浪人」を選択し、翌年のドラフトで今度は巨人が単独指名。これも日本ハムやDeNAの調査書受け取りを拒否して「意中の球団以外の指名がないことを祈るだけ」と牽制し、東海大の監督も「巨人指名でなければアメリカに行く」と、半ば恫喝発言を繰り出した妨害工作のたまもの。DeNA・高田繁監督は「脅しをかけるようなことをしてはいけない」と反発し、楽天・星野仙一監督も「なぜそういうことを言うのかな。そうなったら勝手にアメリカに行けばいいだろ!」と激怒したのも当然のことだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由