芸能

消えた「紅白歌合戦の歌姫」00年代編(2)「NANA」伊藤由奈はロサンゼルスで…

20151229kouhaku_g

 ジャンルが多様化していった00年代。それでも紅白の高視聴率は続いた。若者たちは自分の好みの曲に酔いしれ、カラオケで熱唱した。

・藤本美貴(02年/代表曲 「ロマンティック浮かれモード」)

「モーニング娘。」の追加オーディションには落ちたが、ソロでデビューという幸運を勝ち取る。庄司智春との結婚後は「ミキティ!」の愛称が広く浸透し、8月に第2子を出産。

・大塚愛(04~09年/代表曲 「さくらんぼ」)

 インディーズ時代から歌っていた「さくらんぼ」がロングセラーになり、紅白も6年連続で出場。11年の出産後はバンドのボーカリストとして参加を表明したこともあった。

・BoA(02~07年/代表曲 「VALENTI」)

 00年代を席巻したK-POPブームの先駆者的存在。6年連続で紅白に出場する安定した人気を誇ったが、韓流ブームの衰退を待たずしてアメリカや母国・韓国に拠点を移した。

・女子十二楽坊(03年/代表曲 「自由」)

 中国伝統楽器の演奏家で構成されたバンドだが、日本での2億円をかけたプロモーションが当たり、アルバムは160万枚の特大ヒット。その後は日本側オフィスの破産が話題に。

・伊藤由奈(05年/代表曲 「ENDLESS STORY」)

 映画「NANA」や「海猿」の主題歌が立て続けに大ヒットし、紅白にもデビュー年度に出場。11年夏から活動を停止し、現在はロサンゼルスに在住して地道なライブ活動。

・Pabo(08年/代表曲 「陽は、また昇る」)

「クイズ!ヘキサゴン!!」から生まれた左から里田まい・スザンヌ・木下優樹菜のおバカトリオ。里田と木下は結婚勝ち組だが、スザンヌは夫の不貞により離婚と明暗を分けた。

 一斉を風靡した彼女たちの多くは結婚しているが、それにしてもおバカを売りにしていた里田が田中将大をモノにするとは‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”