芸能

天才テリー伊藤対談「内山信二」(3)心の支えになったさんまさんの存在

20160225v

テリー じゃあ、子役のピークが過ぎて、夢のような生活は中学で終わって、普通の高校生になっちゃったわけだ。

内山 ええ、でも3日でやめちゃいましたけど。

テリー アララ、それはまたどうして?

内山 仕事はありませんでしたけど、勘違いは続いてますから、「もう俺が学ぶことはない」と思っちゃったんですよ。それにその頃、金銭感覚も会話もズレて合わないので、友達づきあいもすごく難しくなってきて。高校をやめたあと、数カ月引きこもりみたいになりましたね。

テリー でも、別にグレちゃったわけじゃないんでしょう?

内山 いえ、そのあとに少しでも「内山君」というイメージをなくそうとして、ちょっと荒れちゃいまして。

テリー あ、そこからの非行デビューか(笑)。

内山 わかりやすいんですけど、頭を金髪に染めて周りを牽制していましたね。「最近テレビで見ないね」とか「昔はかわいかった」って声をかけられるのが、本当につらいので、先にキレてみせるんですよ、「誰が内山だ、バカ野郎!」みたいな感じで。

テリー うん、その気持ち、わかるよ。

内山 その頃、正直、芸能界もやめようと思ってたんです。そんな時、僕の目を覚まさせてくれたのが、(明石家)さんまさんなんですよ。「今、舞台やってるんだけど、お前どうせ暇やろうから出ろ」って、突然、連絡をくれたんですよ。

テリー へぇ~、さんまさんは内山君のそんな状況を知ってたのかな。

内山 そうですね。だから、その舞台のおかげで「まだ芸能人だ」という意識は持つことができて。それをきっかけに気持ちを立て直して、バイトを始めたんです。古着屋さんとかガソリンスタンド、あと地元の先輩の紹介で引っ越し屋さんで働いたりして。

テリー そうすると、お金を稼ぐことの大変さもわかってくるよね。

内山 はい。で、そうこうしていた19歳くらいに、デブにとって画期的な番組「(元祖!)でぶや」(テレビ東京系)が始まりまして。

テリー 石塚(英彦)さんとパパイヤ(鈴木)さんの「まいうー」がはやった番組だね。

内山 そこにゲストで呼んでもらえるようになったことをキッカケに、少しずつテレビに戻ってこれたんですよね。だから、さんまさんの気遣いと、「でぶや」がなかったら、ホントにやめていたと思います。

テリー よかったなぁ。さんまさん、大恩人だね。だって内山君、トークも本当にうまいけど、それもさんまさんのおかげでしょう。

内山 いや、ホントです。共演させていただいた「あっぱれさんま大先生」でトークスキルは本当に鍛えられましたから。あとは、坂上忍さんの存在も大きいですね。

テリー あ、同じ子役出身だものね。

内山 ええ。やっぱり子役って、どうしても一度落ちる時期、「子役氷河期」があるんですよ。どんなにかわいい子でも、ヒゲが生えたりニキビができたり、まあ、だいたいブサイクになります(笑)。

テリー そう? 内山君はあんまりイメージ変わらないけどね(笑)。

内山 それでもまたあんなふうに復活された坂上さんの姿は、僕にとって大きな励みになりました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)