芸能

脇役なんてやれない!「あさが来た」波瑠、ブレイクの裏にあった“勝負師の決断”

20160412haru

 波瑠がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「あさが来た」は、全156話の平均視聴率が今世紀最高となる23.5%をマークする大ヒットとなった。

 ただ、そのヒットとは裏腹に主演の波瑠についてのパーソナルな情報など、彼女がどんな人なのかを知る人は意外と少ない。

 見た目からはおしとやかな女性であることが伝わってくるが、じつはここまでブレイクしたのには、かつてのある素晴らしい判断があったからと言えるようだ。

 ヒロインの座をオーディションでつかみ取ったという波瑠だが、過去に3度、朝ドラのオーディションを受けており、12年後期の『純と愛』と、13年上半期の『あまちゃん』では最終選考まで残るも、あと一歩及ばず落選。その際にヒロインの友達や妹役などのオファーがあったようだが、脇役をやってしまうとヒロインができないという噂を聞き、そのオファーを断っていたことを4日放送のバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)で明かしている。

「12~13年頃といえば、女性ファッション誌『non-no』専属モデルとしての活動を開始したり、トーク番組『A-Studio』(TBS系)のアシスタントに抜擢されたりと、波瑠にとっては売り出し中の期間。しかし、女優としては開花していませんでした。そんな時期に脇役であっても朝ドラに出演すれば、そこそこ有名にはなったかもしれません。しかし、あえて彼女はヒロイン一本に絞って、オーディションを受け続けるという選択をしました。これは日本人の感覚では意外と難しいこと。目先の利益や知名度に飛びつくタレントが圧倒的に多いですからね。結果論ではありますが、とても勇気の必要な大きな英断だったと思います」(エンタメ誌ライター)

 じつは見かけによらず、かなり勝負師な一面もあるようだ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
3
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!