芸能

笑点・新司会!春風亭昇太「12の謎」に一発解答!(1)春風亭昇太という噺家とは?

20160609e

「歌丸卒業」という「子別れ」ならぬ「師別れ」を経て、晴れて春風亭昇太が「笑点」司会として動き始めた。この記念すべき出囃子を祝して、「12の謎」を盟友・林家たい平、釣り仲間・夢枕獏氏ら当人をよく知る関係者に総直撃。早くも座布団10枚のおもしろい素顔が!

噺家になった理由は?

 東海大入学当初、「ラテンアメリカ研究会」に入部しようと訪ねた部室には誰もいなかった。隣室の学生に「こっちで待ってれば」と言われた先が落語研究部。この偶然が、のちの春風亭昇太(56)を産んだ。在学中の高座名は頭下位亭切奴(とうかいていきりど)。

「学生落語大会で優勝したり、『ザ・テレビ演芸』(テレビ朝日系)に漫才コンビ『まんだらぁ~ず』として出場し初代チャンピオンになるなど、ノンプロ時代からよく知られた存在でした」(演芸評論家・高山和久氏)

 卒業直前に大学を中退し、五代目春風亭柳昇に弟子入り。八番目の弟子、ということで前座名「昇八」と名付けられた。

得意な噺は何?

 最近は古典にも力を入れているが、真骨頂は新作落語。柴犬が飼い主に“犬目線”での愚痴をこぼしまくる「愛犬チャッピー」など、人気の噺も数多い。

「新作をやるのが落語家として自然だと思う」と本人から聞いた、落語に造詣が深く昇太との親交も厚い作家・夢枕獏氏が明かす。

「『古典も昔は新作。先人たちも、自分がおもしろいと思うオリジナルの噺をやっていたはず』と言っていました。昇太さんの新作は“追い詰められていく人”の描写が抜群。テンションが高くて最高におもしろい。新作では当代で一番では」

 さすが、新作で一世を風靡した柳昇の弟子である。

「カミカミ王子」の芸風

「昇太アニさんとは同業者の中でいちばん仲よくさせてもらってる」と言う林家たい平(51)は、その落語を、

「マネしようと思っても絶対にマネできません。『春風亭昇太』という人間が前面に出ているのが最大の特徴。だから、おもしろいしうらやましいとは思うけど、同じ噺家としてやられて悔しいとは思わないんですよ」

 とベタボメだ。昇太みずから「カミカミ王子」と自虐するほど滑舌が悪いが、小柄な体を大きく動かし勢いよく爆笑をさらう姿は、年齢を経ても変わらずエネルギッシュであり続けている。

落語界きっての“子分肌”

 御年56歳だが「笑点」においても“若手感”が強く、童顔も手伝って威厳や貫禄はなきに等しい。「落語家の了見」(小社刊)などの著書があるライターの浜美幸氏は、昇太を「落語界きっての子分肌」と評する。

「あれだけの実力派なのに、舞台裏でもテレビのイメージどおりで子供っぽいところだらけ。大雨の中に傘も持たずに飛び出して『ワーッ!』と意味なく叫んだりするような人です」

 たい平はその「子分肌」に隠れた“侠気”を絶賛。

「つい最近、こんなことを言われたんです。『たい平、最近はだんだん周りに意見してくれる人がいなくなってきたから、お前、気づいたことがあったり、俺が天狗になったら必ず言ってくれよ』。すごいアニさんだなってうれしくなりましたね」

 浮ついているようで、全然浮ついていないのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃