社会

インド人の薄毛率が低いのはカレーに発毛作用があるから!?

20160710carry-2

 日本人の国民食とも言われるほど老若男女、誰にでも好まれているカレーに、なんと、優れた発毛作用があるという。

 日本の大手カツラメーカーが行った「世界の男性薄毛率」調査によれば、上位は欧米諸国が占めており、日本は14位。だが、以前の調査と比べると、日本の薄毛率はアップし、しかもアジアの中ではトップだった。他のアジアの国々の薄毛率はぐっと少なく、欧米の半分以下である。そしてこの統計とは別の調査によれば、そのアジアの中でもインドの薄毛率は断然低かった。

 その理由はさまざま挙げられるが、重要なのは食生活、しかもカレー料理にあるという。フードコンサルタントで管理栄養士の中川孝子氏が解説する。

「インド人が主食としているカレーのスパイスに秘密があります。さまざまにミックスされた香辛料、スパイスの作用で体内の代謝がよくなる。特にターメリック、サフラン、ナツメグなどには育毛効果があることが知られているのです」

 カレーの語源には諸説あるが、簡単に言えば、香辛料、スパイス料理で、その成分は漢方薬と同じ。つまりは薬膳料理なのだ。ヘアーコンサルタントの工藤和子氏が付け加える。

「発毛や育毛のポイントは、新陳代謝がよくなることであり、血流をよくすること。カレーのスパイス、特にカプサイシンは全身の血行を促進させるので、頭皮や毛根、毛乳頭の働きが活発になります」

 脱毛した毛乳頭を刺激し、休止していた髪の成長を促してくれる。そんな最適な食べ物がカレーだとわかれば、1日1食はカレーにしてみようか。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
2
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声
3
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
4
「タピオカ恫喝」木下優樹菜が夫と離婚危機!?TV界「マジギレ事件」一挙公開
5
工藤静香、瀬戸朝香、木村佳乃…“ジャニーズの嫁”になる「暗黙の条件」が凄い!