スポーツ

暴力団幹部逮捕でつながった球界の最暗部「巨人と山口組」本当の関係!(3)中心選手のBやCにも疑惑

20161013a3rd

 ところで、今回の野球賭博事件がなかなか収束せずに一大騒動となっているのは、巨人という影響力のある球団が震源地だったという側面もあろうが、それより当局が時節に合わせて暴力団の一掃に躍起になっていることが大きいようだ。

 笠原被告らが逮捕されたGWの最中から、携帯電話の発着信履歴、斉藤被告の銀行通帳への出入金記録をもとに胴元や賭博関係者と思われる人物が任意同行を求められてきた。

 動いていたのは、主に暴力団の犯罪を捜査する警視庁組織犯罪対策4課。結果、三宅容疑者の逮捕にも至っている。

「ハンデ師はもちろん、集客や集金を考えたら、野球賭博なんてヤクザがいなきゃ成立しないだろ? 昔は9~10割の胴元が本職も含めた反社会的勢力だった。でも最近は暴対法の影響で、5~6年前からかな、3割はカタギ。個人事業主が一種の事業として手を出している。実は三宅が金を流していた『大胴元』も、都内資産家の息子だってな。別の大胴元は、斉藤の借金回収のために店まで取り上げた元ヤクザだったけど、表向きはもう辞めてるよ。組対4課の狙いはあくまで暴力団。こうした場合、証拠をつかむため、野球賭博に関わったカタギに口を割らせるんだ。カタギの口は止められないからな」(X氏)

 三宅容疑者の逮捕のきっかけも、野球賭博に関わった複数の客の証言が決め手になったようだ。

 そして、当局の狙いは別ルートの解明にもあるというのだが、これがまた巨人に嵐を巻き起こす可能性が出てきた。

 捜査に協力した、野球賭博者たちを知る飲食店関係者が明かす。

「警察に呼ばれたのは、不動産関係を中心に、お金を持ってる自営業者たちなんですけど、自分たちも捕まらないかと不安になっていた。ところが、半ば“情報を提供すれば罪にしないから”といった様子で、巨人の中心野手の名前をあげて、しきりに『巨人のBやCはどこを胴元にしてたかわかるか?』というようなことを聞かれたそうです」

 BやCの名前に、X氏も反応する。

「確かに、Bは野手の中では中心になって野球賭博に入れ込んでたって聞くな。でも、ルートが斉藤や三宅とは違ったみたいだな。三宅を逮捕したら、笠原、斉藤のラインはもうカタギが多くて、別ルートから切り込みたいんだろう」

 B、Cといえば、名の知れたスター選手。「紳士たれ」がモットーの球団で看板選手がまさかとは思うが、球界でも噂は尽きない。

 セ・リーグ関係者が話す。

「BとCには共通のタニマチとなっていた社長がいた。古くから野球選手を連れ歩いていましたが、黒い噂が絶えなくて、数年前から巨人も出入り禁止になったと言われる人物です。というのも、斉藤のように選手たちに野球賭博を仲介していたとされ、Cはそのおかげで片手では足りない胴元とつきあっているとまで‥‥」

 V逸した裏で、きな臭い噂が絶えない巨人軍。何とか2位は死守し、CSファーストステージのホーム開催だけは確保したが、シーズン終盤はDeNAから猛追されてフラフラだった。

 巨人番記者が言う。

「7月に選手と暴力団との交際がしきりに報道された頃から、チーム内がピリピリしてきましたね。一部フロントからは、積極的に報道する一部メディアに対して『DeNAから金もらってるんじゃないか』と八つ当たりする声まで出ていた。危機的状況になると必ず決起集会が開かれるものなんですが、今年は1度もなかったんですよ。音頭を取らなければいけないはずの選手が野球賭博に手を出してるから後ろ暗いのでは、なんて憶測まで飛び交って‥‥」

 伝統ある球団はどう巻き返すのか。いずれにせよ、連綿と続く悪しき伝統があるのならば、早く断ち切ってほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ