政治

小池百合子 欲望と裏切りの永田町「にんげん相関図」!(1)安倍総理が発した「小池ブームはすごいね~」の意味

20161110g1st

「木枯らし1号」よりも先に、永田町では強烈な“解散風”が吹き荒れている。自民党幹部が警戒するのは、自爆寸前の民進党ではなく、衆院補選「2連勝」を飾った小池百合子都知事の動向。「新党」を巡って安倍政権との暗闘が激化する中、小池知事を取り巻く欲望と裏切りの「にんげん相関図」を公開しよう。

「総理のネクタイも緑色でございます!」

 シンボルカラーの「緑」のジャケットを着た小池百合子都知事(64)がおどけた口調で話を振ると、

「緑のネクタイをしていますが、朝から青汁2杯を飲んで腹の中から緑になっている」

「あ・うん」の呼吸で応えたのは、安倍晋三総理(62)。約3カ月前の都知事選で「推薦」を巡ってひと悶着あった2人の足並みは、いつの間にかそろっていた──。

 10月16日、衆院東京10区補選で立候補した若狭勝氏(59)の街頭演説に、小池氏と安倍総理が駆けつけた。JR池袋駅前には約5000人の聴衆が集まり、「百合子コール」が起こる中、安倍総理は小池氏と固く握手を交わす。

 それから1週間後の投開票では、民進党の候補者に3万票近くの差をつけて若狭氏が当選。同日に行われた福岡6区でも、小池氏が応援演説を行った、鳩山二郎氏(37)が当選して自民党が2連勝した。その日の夜、安倍総理は二階俊博幹事長(77)に電話をかけ、

「国民の期待に応えるよう政府と党が一体で頑張っていこう」

 と伝えている。「“国民の期待”が選挙を意味するものなのか」と、永田町では「1月解散」に向けて、さまざまな思惑が交錯していく。

「麻生太郎財務相(76)は補選で有権者から一定の信任を得たとして、この勢いなら勝てると踏んで解散をしたがっています。それに待ったをかけているのが、菅義偉官房長官(67)。『新潟ショック』を受けて、議席を減らす可能性があるため、時期尚早と見ています」(政治部デスク)

 菅氏をはじめ、自民党関係者に衝撃が走った「新潟ショック」とは、10月16日に投開票した新潟県知事選挙の敗北だ。この選挙は、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が争点となり、現職の泉田裕彦氏(54)が出馬を撤回したあと、当初、自公推薦候補の森民夫氏(67)以外に候補者がおらず、楽勝ムードが漂っていた。

 しかし、これまで国政選挙で4回落選していたが、再稼働に慎重姿勢の米山隆一氏(49)が出馬表明すると、あっという間に情勢調査で接戦に持ち込まれ、慌てて二階氏ら党幹部が現地入り。

「支持団体を回り、『選挙で負けたら原発は動かなくなる』と叱責するような口調で手綱を引き締めていました」(地元紙記者)

 しかし、そんな労力もむなしく、5万票以上の差をつけられて惨敗してしまったのだ。

 解散に向けて自民党内で議論に上がるのは、小池氏の存在。政治評論家の浅川博忠氏はこう話す。

「自民党は衆院補選で連勝しましたが、何をしたわけでもなく、『小池人気』に便乗して勝てたことは否定できません」

 若狭氏は前回都知事選で、党方針を無視して小池氏の応援に回った。冒頭のように安倍総理が、反旗を翻した若狭氏の街頭演説に訪れるのは異例と言えよう。関係修復のアピールに躍起だが、腹には一物あるようで、

「若狭氏の当選が確実とわかったあとに安倍総理は、『やっぱり小池ブームはすごいね~』と茶化したような言い方で関係者に話していました」(政治部記者)

 安倍総理の本心は別にして、解散のキャスティングボートを小池氏が握っているのは間違いないようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
2
「モヤさま」大江麻里子登場が際立たせる三村マサカズへの“キモイ!”酷評
3
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(2)田中みな実の“宇垣美里対策”
4
欅坂46平手友梨奈、微笑ショット公開に「やっぱり笑顔が一番」ファンの歓声
5
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(1)加藤綾子が狙う「新しい仕事」