芸能

NHK紅白“出場落選女”たちの激烈バトル(1)和田アキ子は早くから落選を知っていた

20161208b

 今年も紅白の当落が発表された。何年も前から「目玉ナシ!」が“ニュース”だったが、今年に至ってはついに落選者のほうが話題になる始末。鐘の音を鳴らし続けていた大御所が消え去り、「国民的」ともてはやされるグループも案の定で‥‥。舞台裏で起こった激烈バトルを全部書くぞ!

 11月24日、「NHK紅白歌合戦」の司会と出場歌手46組が発表された。昨年と同じく初出場は10組。とはいえ、その顔ぶれはKinKi Kids、PUFFYに大竹しのぶ(59)‥‥と、鮮度に欠けるキライが。今年のテーマ「夢を歌おう」と現実が乖離している印象が否めない中、

「裏テーマは不祥事を起こさないこと」

 と口にするのは、選考の舞台裏を知るNHK局員。こう言って内情を明かす。

「昨年は初出場した『ゲスの極み乙女。』が年明け早々に不倫騒動を起こすなど、伝統にミソを付けたグループが何組かいた。来年1月に任期が切れる籾井勝人会長(73)は紅白を成功させることで有終の美を飾りたいようで、トップダウンのもと役員総出で知名度が高く、安心できる歌手をそろえることに腐心したんです」

 その結果、皮肉にも話題をさらったのが和田アキ子(66)の落選だった。和田は11月19日、ラジオ番組の生放送で「(紅白当落は)まだ決まってないのよ」と発言し、交渉が難航している様子をうかがわせていたが、現実は違っていたという。

「本人はとっくに落選を知っていました。NHK側から歌手や審査員として出場依頼が来るのは遅くとも発表の1週間から10日前ですからね。細川たかし(66)が21日にスポーツ紙にて『紅白卒業』を表明しましたが、これもこの“デッドライン”を過ぎたから。ただ、まだ“特別枠”での出場の可能性は残されているから、紅白出演に未練がある和田はそれを狙ってアピールしたのでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)

 とはいえ、

「和田の歌手としての賞味期限はとっくに切れている」

 と語るのは所属事務所・ホリプロの関係者だ。

「ここ数年は同じホリプロの大物タレントのバーターとして出演させてきました。そのたびにNHKからは『今年が最後ですからね』と念を押され続けていた。にもかかわらず、昨年のリハーサルではガラガラ声しか出せず、関係者を激怒させました。とはいえ、事務所も功労者であり、芸能界のご意見番でもある和田のメンツを潰すわけにはいきません。おまけに、今年は出場40回という節目でもあり『今回で卒業を約束する』と、譲歩する形になってでも出場させたかった。そのためには“2枚の切り札”も切る予定でした」

 ここで言う、“2枚の切り札”とは綾瀬はるか(31)と高畑充希(24)のこと。綾瀬は今年から3年間にわたり放映されている同局スペシャルドラマ「精霊の守り人」の主演を務めており、昨年の紅組司会でもある。一方の高畑は平均視聴率22.8%と大ヒットした朝ドラ「とと姉ちゃん」の主演だ。両者とも間違いなく“今年のNHKの功労者”である。

「NHKから和田への打診がなかったので『それなら綾瀬を(司会や審査員で)出しませんよ』と伝えたんです。すると『かまいません』と返ってきた。高畑を加えても同様でした。この2人の名前を出しても交渉の余地すらないことで、担当役員は『打つ手がなくなった』と早々にサジを投げていました。でも、まさか高畑が相手にされないとは‥‥」(前出・ホリプロ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
2
「モヤさま」大江麻里子登場が際立たせる三村マサカズへの“キモイ!”酷評
3
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(2)田中みな実の“宇垣美里対策”
4
欅坂46平手友梨奈、微笑ショット公開に「やっぱり笑顔が一番」ファンの歓声
5
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(1)加藤綾子が狙う「新しい仕事」