芸能

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(1)替え歌ネタは日々更新し続けてます

20161215q

●ゲスト:嘉門達夫(かもん・たつお) 1959年、大阪府生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光に弟子入り。高校卒業後、「笑福亭笑光(しょうこ)」の名をもらう。78年、19歳で「MBSヤングタウン」のレギュラーになるも、80年に落語家を破門となり、放浪の旅に出る。ライブ活動を始めて、81年からアミューズでアルバイト、桑田佳祐のライブの前座を務めるという機会を得る。そして桑田の別名義「嘉門雄三」の名字を本人から譲り受け「嘉門達夫」と命名される。83年、「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でレコードデビュー。以降「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」などをリリース。91年、「替え唄メドレー」が82万枚の大ヒット。92年、「第43回NHK紅白歌合戦」に「替え唄メドレー~紅白バージョン」で出場。2008年、眼科医の女性と結婚。今月21日、ニューシングル「炎の麻婆豆腐」を含むニューアルバム「食のワンダーランド~食べることは生きること~其の壱」をリリース。12月10日大阪、17年1月7日に東京、1月9日に名古屋で「嘉門達夫 世相を笑い飛ばすツアー」を開催。

「鼻から牛乳」「アホが見るブタのケツ」などの大ヒット曲や、替え歌メドレーなどのコミックソングでおなじみのシンガーソングライター・嘉門達夫。いよいよ発売となる新作アルバムは、なんと「食」がテーマだという。お笑いなしの熱いこだわりに、天才テリーも驚愕!

嘉門 突然ですが、今日はギターを持ってきまして。

テリー えっ、何か歌ってくれるの?

嘉門 ええ。毎年この時期になると1年を振り返る替え歌メドレーを歌わせてもらっているんですけど、せっかくなのでテリーさんにも聴いてもらおうかなと。

テリー わ~、こんな贅沢なことはないよ。ぜひ聴かせてください。

嘉門 じゃあ、今年はこのあたりからかな?(と、SMAP解散、清原和博の逮捕、北朝鮮のミサイル発射、パナマ文書などをネタにした替え歌を次々と披露、最後に「どんぐりころころ」のメロディで)「女性都知事の誕生だ 小池に代わってさあ大変 給与は半分でOKよ 豊洲も闇を追及よ~♪」

テリー (大拍手で)すごい! 嘉門さん、やっぱりおもしろすぎるよ!

嘉門 いえいえ、ありがとうございます。

テリー こういうネタは、いつ考えるんですか?

嘉門 もういつも考えてまして、日々更新していくんです。ちょうど、うなぎのタレをつぎ足してるみたいな感じですね。

テリー どのネタをどの曲に当てはめるって、すごく大事だし、センスが問われますよね。

嘉門 確かにそこは大事ですね。元の歌詞と、どこで韻を踏むかとか。小池さんの「どんぐりころころ」なら、「お池にはまって」と「小池に代わって」の部分とかね。

テリー 日々いろんな事件が増えていくし、数多く作るのも大変でしょう。

嘉門 もちろん、僕自身が考えるのも多々ありますけれども、ツイッターでネタを投稿してくれる人が50~60人くらいいて、それを僕のラジオ番組で紹介しているんです。その曲をピックアップして、手を加えて形にしてる曲もありますから、調子がよければ1日で何曲もできることもありますね。

テリー なるほど、それにしたって、すごい才能だと思いますよ。

嘉門 時事ネタはおもしろくて好きなんですよ。ただ、人が亡くなったり、弱い者いじめになるのは、歌うべきじゃないと思ってますけどね。

テリー 先日の博多駅前の道路陥没事故みたいに、誰も亡くなってないといいですけどね。

嘉門 ええ、(「伯方の塩」のCMフレーズで)「ハ・カ・タ・の穴♪」とかね。これ、別に「いい」とか「悪い」とか、一切言ってないんですよ。「博多の穴」って言ってるだけですから(笑)。でも、歌に乗せると風刺になるんです。

テリー ハハハ、嘉門さんはもう「風刺詩人」と言っちゃったほうがいいですね。ネタを考える時には、やはりそういったジャーナリスティックな目線は大事ですか?

嘉門 ええ、でもあんまりマニアックなものはダメなんです。みんなが知っている、言ったらスポーツ新聞の社会面レベルのものにしようと意識しています。

テリー ああ、やっても「それ何?」って言われちゃうと困っちゃうものね。目線は常にミーハーであれ、ということだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは