芸能

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(1)替え歌ネタは日々更新し続けてます

20161215q

●ゲスト:嘉門達夫(かもん・たつお) 1959年、大阪府生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光に弟子入り。高校卒業後、「笑福亭笑光(しょうこ)」の名をもらう。78年、19歳で「MBSヤングタウン」のレギュラーになるも、80年に落語家を破門となり、放浪の旅に出る。ライブ活動を始めて、81年からアミューズでアルバイト、桑田佳祐のライブの前座を務めるという機会を得る。そして桑田の別名義「嘉門雄三」の名字を本人から譲り受け「嘉門達夫」と命名される。83年、「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でレコードデビュー。以降「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」などをリリース。91年、「替え唄メドレー」が82万枚の大ヒット。92年、「第43回NHK紅白歌合戦」に「替え唄メドレー~紅白バージョン」で出場。2008年、眼科医の女性と結婚。今月21日、ニューシングル「炎の麻婆豆腐」を含むニューアルバム「食のワンダーランド~食べることは生きること~其の壱」をリリース。12月10日大阪、17年1月7日に東京、1月9日に名古屋で「嘉門達夫 世相を笑い飛ばすツアー」を開催。

「鼻から牛乳」「アホが見るブタのケツ」などの大ヒット曲や、替え歌メドレーなどのコミックソングでおなじみのシンガーソングライター・嘉門達夫。いよいよ発売となる新作アルバムは、なんと「食」がテーマだという。お笑いなしの熱いこだわりに、天才テリーも驚愕!

嘉門 突然ですが、今日はギターを持ってきまして。

テリー えっ、何か歌ってくれるの?

嘉門 ええ。毎年この時期になると1年を振り返る替え歌メドレーを歌わせてもらっているんですけど、せっかくなのでテリーさんにも聴いてもらおうかなと。

テリー わ~、こんな贅沢なことはないよ。ぜひ聴かせてください。

嘉門 じゃあ、今年はこのあたりからかな?(と、SMAP解散、清原和博の逮捕、北朝鮮のミサイル発射、パナマ文書などをネタにした替え歌を次々と披露、最後に「どんぐりころころ」のメロディで)「女性都知事の誕生だ 小池に代わってさあ大変 給与は半分でOKよ 豊洲も闇を追及よ~♪」

テリー (大拍手で)すごい! 嘉門さん、やっぱりおもしろすぎるよ!

嘉門 いえいえ、ありがとうございます。

テリー こういうネタは、いつ考えるんですか?

嘉門 もういつも考えてまして、日々更新していくんです。ちょうど、うなぎのタレをつぎ足してるみたいな感じですね。

テリー どのネタをどの曲に当てはめるって、すごく大事だし、センスが問われますよね。

嘉門 確かにそこは大事ですね。元の歌詞と、どこで韻を踏むかとか。小池さんの「どんぐりころころ」なら、「お池にはまって」と「小池に代わって」の部分とかね。

テリー 日々いろんな事件が増えていくし、数多く作るのも大変でしょう。

嘉門 もちろん、僕自身が考えるのも多々ありますけれども、ツイッターでネタを投稿してくれる人が50~60人くらいいて、それを僕のラジオ番組で紹介しているんです。その曲をピックアップして、手を加えて形にしてる曲もありますから、調子がよければ1日で何曲もできることもありますね。

テリー なるほど、それにしたって、すごい才能だと思いますよ。

嘉門 時事ネタはおもしろくて好きなんですよ。ただ、人が亡くなったり、弱い者いじめになるのは、歌うべきじゃないと思ってますけどね。

テリー 先日の博多駅前の道路陥没事故みたいに、誰も亡くなってないといいですけどね。

嘉門 ええ、(「伯方の塩」のCMフレーズで)「ハ・カ・タ・の穴♪」とかね。これ、別に「いい」とか「悪い」とか、一切言ってないんですよ。「博多の穴」って言ってるだけですから(笑)。でも、歌に乗せると風刺になるんです。

テリー ハハハ、嘉門さんはもう「風刺詩人」と言っちゃったほうがいいですね。ネタを考える時には、やはりそういったジャーナリスティックな目線は大事ですか?

嘉門 ええ、でもあんまりマニアックなものはダメなんです。みんなが知っている、言ったらスポーツ新聞の社会面レベルのものにしようと意識しています。

テリー ああ、やっても「それ何?」って言われちゃうと困っちゃうものね。目線は常にミーハーであれ、ということだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ