スポーツ

夏の甲子園ではなぜか8月16日に名勝負が集中している!

 夏の甲子園の名勝負といわれる試合は、なぜか8月16日に行われたものが多い。中でもその代表格が79年第61回大会の3回戦だろう。この年の春の選抜王者で史上3校目となる春夏連覇を狙う箕島(和歌山)と星稜(石川)の一戦である。

 この試合は1‐1のまま延長戦に突入し、12回と16回に星稜が1点ずつ勝ち越すも、その裏に2アウトランナーなしと追いつめられた王者・箕島が2度とも瀬戸際で同点ホームランを放つという奇跡を演じてみせた。結局、引き分け再試合目前の延長18回裏に4‐3で箕島が劇的なサヨナラ勝ち。“神様が創った試合”として多くの高校野球ファンの脳裏に刻まれている名勝負である。

 この試合の前に生まれた名勝負としては73年第55回大会2回戦の銚子商(千葉)対作新学院(栃木)がある。試合は銚子商の2年生エース・土屋正勝(元・中日など)と作新のエース“昭和の怪物”江川卓(元・読売など)との雨中の投手戦となった。その最後は0‐0のまま突入した延長12回裏に1アウト満塁のピンチを招いた江川がサヨナラ押し出し四球を与え、0‐1であっけない幕切れ。これが江川にとって高校野球での甲子園最後の試合となったのだった。

 平成に元号が変わってからの名勝負ももちろんある。中でも物議を醸したのが’92年第74回大会。2回戦で明徳義塾(高知)が星稜の4番・松井秀喜(元・読売など)を封じるための作戦として行った5打席連続敬遠の試合も8月16日なのである。

 さらに延長戦の末、サヨナラボークで負けたチームもある。その悲運のチームは98年第80回大会に出場した宇部商だ。2回戦の豊田大谷(東愛知)との一戦は2‐2のまま延長戦へ。迎えた15回裏、宇部商は無死満塁のサヨナラの大ピンチに見舞われる。ここで宇部商のエース・藤田修平は次打者の持田泰樹の4球目、ちょうどその試合の211球目を投じようとセットポジションの動作に入ったのだが、キャッチャーの上本達之(埼玉西武)が出した2度目のサインに驚き、無意識に投球動作を中断してしまった。極限状態に追い込まれていた藤田は2度サインを出すという約束を忘れてしまっていたのである。そして、この行為を見逃さなかった球審が宇部商にとっては無情の“ボーク”を宣告。3時間52分に及ぶ熱戦は甲子園史上初の“サヨナラボーク”で決着したのであった。

 99回目の今年の夏、果たして8月16日にまた新たな名勝負が生まれるのだろうか。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場