スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヤングマンパワーが強豪勢一蹴」

 東京開催開幕週のメインは、毎日王冠。言わずと知れた天皇賞・秋の前哨戦である。それだけに顔ぶれがいい。今年もご覧のとおりの豪華版だ。

 マカヒキ、ワンアンドオンリーのダービー馬を筆頭に、5頭ものGI馬が出走してくる。この中には紅一点ソウルスターリング(オークス)が花を添えており、見応えある一戦になること請け合いだ。

 馬券的にはどうだろう。盾を見据えたレースとはいえ、そこは力のある馬の激突。そう大きく荒れることはない。

 馬単が導入された02年以降の過去15年間、その馬単で万馬券になったのは5回(馬連2回)。1番人気馬は5勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着2回)。1、2番人気馬ともに連対を外すのは平均して3回に1回あるが、それでも人気上位馬が必ずと言っていいほど連対しており、順当な結果で終わることが多い。

 今年は、どうか。前述したGI馬はどれも順調で、枕を並べて‥‥ということはなさそう。が、それ以外の馬の力量も確か。アストラエンブレム、グレーターロンドンなどは、早くからここを目標に仕上げられており、状態のよさを思えば、GI馬を押しのけるチャンスかもしれない。

 穴党としてもGI馬でない馬に目をつけたい。といっても前述した人気両馬ではない。狙ってみたいのは、ヤングマンパワーだ。

 こちらは、一息入れたあとの関屋記念を使われての一戦。その前走は、前々走の安田記念に比べて16キロ体重が増えての出走で、いくぶん馬体に余裕があった。最後の直線で失速したのは、それが理由だろう。

 しかし、この中間は順風満帆。稽古での動きは躍動感たっぷりで、1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。まずは文句なしだった。

「前走、大きく体重が増えての出走だったが、増えたこと自体はいい傾向。今回も同じぐらいの体重だが、重め感はなく、引き締まっていい体つきになっている。状態は間違いなくアップです」

 手塚調教師もこう言って目を細めるほど。ならば、強豪相手でも互角に渡り合っていいはずだ。

 これまで20戦中19戦がマイル戦だけに、マイラーのイメージを強く持たれている馬だが、2000メートル戦で2着したこともあり、前々で競馬をする脚質から判断しても、平均ペースで流れやすい1800メートルが合わないわけではない。また、このレースは5歳馬の活躍が目立っており、その意味でも格好の狙い目と言っていい。

 曾祖母リヴァーメモリーズはGI2勝(ロスマンズ国際S、フラワーボウルH)。血統的背景もよく、一発があって不思議ない。

 来週から秋華賞、菊花賞とGIが続く京都開幕週のメインは、京都大賞典。こちらも盾の前哨戦で、なかなかの顔ぶれだ。

 最も期待を寄せてみたいのは、トーセンバジルである。まだ重賞勝ち鞍はないが、この春、阪神大賞典3着、天皇賞8着の善戦は評価していい。力があればこそで、4カ月ぶりの実戦となった前走の新潟大賞典でも、見せ場たっぷりに勝ち馬とコンマ2秒差の7着と気を吐いた。

 一度使われたことで馬体はすっきり。この中間の稽古の動きが、ガゼン素軽くなった。

「雰囲気がグンとよくなった。早くから期待していた素質馬。ようやく本格化した今なら‥‥」

 と、藤原英調教師はじめ、厩舎スタッフはヤル気をにじませる。

 トーセンジョーダン(天皇賞・秋)やカンパニー(天皇賞・秋、マイルCS)など近親、一族に活躍馬がズラリ。チャンス十分だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
戸田恵梨香、「大恋愛」最終回で視聴者が寄せた「大号泣ポイント」と“不満”!
2
“第4子命名公表”に祝福の声続々!?辻希美の好感度がグングン上がる理由
3
米倉涼子が近隣住民に過剰反応!?有名美女21人「ナマ素顔」目撃談を大放出!
4
清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!
5
「聖夜が誕生日」嵐・相葉雅紀が指折り数えて待つ“プレゼント”とは?