政治

小池百合子が急所を握る「七人の騙され侍」(4)準備してきた「秘中の秘」が炸裂

 ベテラン政治記者によれば、

「初の女性総理の座を狙う小池氏は今、3つの極秘シナリオを頭に描いている」

 具体的に解説してもらおう。

「まず、全てのシナリオに通ずる大前提は、小池氏がこの総選挙での出馬を見送った以上、女性総理を狙えるチャンスはさらに次の総選挙になるという点です。その上で、自公が過半数の議席を獲得したケースを考えると、おそらく小池氏は選挙結果をそのまま追認して動かないでしょう。ただ、その場合でも、希望の党が議席数で野党第一党の座を占めている可能性は高く、小池氏は『党代表兼都知事』という立場から、次までの期間、自身の存在をアピールしていくことになる。その際の首班指名? どうせ政権は取っていないのだから、そんなもの、小池氏は誰でもいいんですよ」

 ならば、自公が過半数割れに追い込まれた場合はどうなるのか。このベテラン政治記者はさらに言う。

「その場合、希望の党の議席数が過半数に達しているケースとそうでないケースとに分けて考える必要があります。まず、過半数に至らず、かつ、自公の議席数を下回った場合、小池氏は安倍総理の首と引き替えに、閣外連立を含めた是々非々での大連立与党の形成に踏み切るでしょう。一応、安倍政権を退陣に追い込んだという大義名分は立つのだから、その際の首班指名は自公の推す候補でもかまわない。次の総選挙直前、連立解消で再び風を起こすことができれば、初の女性総理への視界もいきおい良好になっていくという読みですよ」

 まさに事実上の「自民乗っ取り」による「アベよ、さらば」である。

 では、希望の党が過半数に達しないものの自公の議席数を上回った場合、あるいは、希望の党が過半数の議席数を獲得した場合はどうなるのか。実はこの時、小池氏は秘中の秘として準備してきた“ウルトラC”を炸裂させる可能性があるというのだ。小池氏に近い希望の党関係者が声を潜めて言う。

「ズバリ、安倍総理とソリが合わない石破茂氏(60)を派閥ごと引き抜き、希望の党政権の首班に祭り上げるという電撃作戦ですよ。これなら再来年の参院選の際に『石破総理』をして衆参ダブル選に持ち込ませ、衆参のねじれを解消する形で悲願たる初の女性総理の座を射止めることもできる。自公政権での総理・総裁の芽が萎みつつある石破氏としても、これなら悪くはないというか、食指の動く話になります。だから最近の石破氏は、今回の安倍総理の解散劇を『大義なし』として不満を表明する一方で、小池氏のトリッキーな動きに対してはまんざらでもない秋波を送っているんですよ」

 もしこの“ウルトラC”が現実のものとなれば、また新たに一人、緑のタヌキに急所を握られる「騙され侍」が誕生することになるのだが‥‥。

 永田町の錚々たる面々の急所を握ったまま、小池氏がまんまとその野望を果たすのか。はたまた、握られた面々が、どこかの局面で思いがけない反撃に打って出るのか。

 次を見据えた小池劇場の第一幕は、10月22日の投開票日に切って落とされる。

森省歩(ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史の“心ない発言”で若林正恭と破局した南沢奈央のファンが怒髪天!
4
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?