芸能

「胸の先をいじって」と懇願してきて…清水良太郎を通報した女性が再告白!

 10月27日発売の「FRIDAY」が、薬物の使用で逮捕された清水良太郎被告を警察に通報した派遣コンパニオンの女性による“2人の時間”の一部始終を続報している。そこには薬物にふけり、やがて絶叫する清水被告の恐怖の姿が克明に描写されているのだ。

「記事には、薬物を吸引して臨戦態勢に入った清水被告が、自分の秘部にマッサージ器を当てながら、自分のバストトップをいじってほしいと懇願したことが書かれています。女性が要望どおりにすると、薬物が回ってきたのか、大きな声を上げ始め、快感のあまり目が飛んでしまっている状態に。さらに薬物を吸引した清水被告は、女性にも口移しでの吸引を強要。女性が必死に拒むと清水被告はあきらめ、プレイを再開。女性に自分のカラダを撫で回すことを求め、自分はマッサージ器をさらに強いモードで絶叫。女性のお腹や胸に発射すると、一気にテンションは下がって、虚空を見つめたまま何もしゃべらない状態になったとか。その後、清水被告が風呂に入っているタイミングで女性は店に危険を知らせる電話をかけたのですが、薬物で音や光に敏感になっていたのか、すぐに出てきて、スマホの灯りを気にする表情を浮かべていたそうです」(芸能ライター)

 犯罪に手を染めてまで快楽を求めた結果、逮捕されるのはもちろんのこと、こうしてあられもない姿を暴露されることになろうとは、何とも哀れで情けない。

関連記事:「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白 http://www.asagei.com/excerpt/91341

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋