芸能

“熟れごろ女子アナ”たちの逆襲フェロモンを徹底調査(1)NHK・有働由美子の大人の色香

 松坂大輔や村田修一ら35歳を過ぎたベテランが戦力外通告を宣告されるなど、球界で世代交代が進む中、我らが女子アナ界はさにあらず。先に発表された「オリコンランキング」では熟れごろ女子アナが大躍進! 人気復活と逆襲の理由を探ると、フェロモンたっぷりの「色仕掛け」で男たちを骨抜きにしていた。

 今年の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)の最年少ランカーは、5連覇を達成した日本テレビの水卜麻美アナ(30)と、7位のNHK・桑子真帆アナ(30)だった。一方、アラフォー、アラフィフのベテラン勢は2位に輝いたNHKの有働由美子アナ(48)を筆頭に大躍進を見せ、ベスト10の半数を占めていた。

 一方で、フレッシュな20代アナがトップ10に一人もランクインしなかったのは、14回目を迎えた同調査でも初めての異変。芸能界きっての熟女通で知られるキャスターの徳光正行氏は、次のように分析する。

「例えば肉でも、以前はみんな仔牛のソテーを食べたがったけど、今や熟成肉のステーキをありがたがりますよね。同様に、女性にとって30歳という年齢は、なんら商品価値を損なわなくなった。そんな今の時代性が反映されていると思います。求められるのは、彼女たちの持つ母性や癒やし、あるいはちょっとしたSっぽさ。要するに、熟女の魅力と呼ばれる部分そのものなんです。ようやく時代が私に追いついてきた気がしますね(笑)」

 さらに突っ込んで徹底調査したところ、熟女アナたちは、男をムラムラさせる“色仕掛け”に取り組んでいることが明らかになった。前出の有働アナについて、芸能評論家の三杉武氏が語る。

「実はものすごくスタイルがいい。15年末まで4年連続で総合司会を務めた紅白歌合戦では、体のラインがハッキリわかるセクシーなスリットドレス姿を披露していました。今年は後輩の桑子アナが抜擢されましたが、それでも彼女の復活を望む声が各方面から聞こえます。その代わり、というわけではないでしょうが、9月には出演番組『あさイチ』で、番宣のためにミニスカのセーラー服を着てコスプレを披露し、好評を博しています」

 私生活では、かねてから交際中の一般男性との結婚が噂されていたが、11月発売の週刊誌の直撃取材に、

「結婚はありませんから、それだけは本当です」

 と、「生涯独身宣言」まで飛び出している。

「さすが、オジさまだらけのNHKで局内評価を高めただけあり、男心がわかっている。独身キャラを貫き通して支持率を上げ、昨年の4位からトップ3に返り咲いたのです」(芸能記者)

 テレビ朝日の大下容子アナ(47)は昨年9位から3位へジャンプアップ。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏がその理由を明かす。

「9月23日放送の『SmaSTATION!!』最終回で見せた、香取慎吾との“涙のハグ”に感動した視聴者からの支持でしょう。ふだんの放送でも、でしゃばらずに一歩引いた形でサポートする大人の包容力が感じられますし、身を任せたい男性は多いはずです」

 実は、プライベートでもその包容力で年下オトコをメロメロにしているようで、こんな目撃談も寄せられた。

「11月の末頃、六本木の高級焼肉店で、30代と思しき年下男性と2人きりで食事していたんです。しかも、4人掛けのボックス席なのに、わざわざ隣に座っていた。相手の男性がかわいくてしかたない、という感じで、母性を全開にしてニコニコほほえんでいました」(テレ朝関係者)

 浮いた話のなかった癒やし系アナの「密着デート」を、素直に祝福したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!