スポーツ

大谷翔平を待ち受けるメジャーの「地雷原」(2)二刀流どころか共倒れも…

「二刀流挑戦こそが最大の懸念材料になる」という指摘も、いまだに根強い。野球解説者の江本孟紀氏もその点を危ぶんで、

「中5日の間にDHで2試合くらい出場する見通しらしいですが、それできちんと調整できるのか。今季、ケガばかりでロクにプレーできなかった原因も二刀流にあったわけでしょう。まだ体ができあがっていない段階で二刀流を行ったため、想像以上に肉体的負担がかかっている。米国に渡れば日本以上に厳しい環境になるわけですから、簡単に二刀流を押し通せるほど甘くないと思います。加えて、大谷をDHに入れることによって、他のDH打者が仕事を奪われる。結果が出ればいいですが、伴わなければチーム内に不協和音を生みかねません」

 大谷は今季、キャンプから右足かかとの痛みで出遅れ、WBCを欠場。打者専任で開幕を迎えたが、再び足首を痛め戦列を離れた。投手としても調整不足は否めず、5試合に先発しただけで、3勝2敗に終わった。

 足首に爆弾を抱える投手にとって、メジャーの硬いマウンドも不安材料になる。柔らかいマウンドで育った日本人投手はおおむね投球時のステップ幅が広い。しかし、硬いマウンドではスパイクの歯が刺さりにくいため、足への負担が大きくなる。万が一足首が悪化すれば、投打に影響が出て、二刀流どころか共倒れにもなりかねないのだ。

 結果が出なかった際の不協和音については、AKI氏も次のように危惧する。

「オーナーやGMなどのフロント組は、話題性も考えてギリギリまで二刀流にこだわるでしょう。しかし、現場を預かるマイク・ソーシア監督は勝負にはシビアな人なので、投手一本でやらせたいと考えるかもしれません。一般的にメジャーではフロントの意向が優先されるのですが、エンゼルスではソーシア監督の力も強く、簡単には引き下がらない。大谷が原因となって、チーム内の権力闘争が起きるようなことにならなければいいのですが‥‥」

 ともあれ、地元・アナハイムは「オオタニ・フィーバー」で歓迎ムード一色。「ウェルカム、本当にハンサムな男」と興奮しているファンも多いとか。

「アナハイムでは、毎年秋にディズニーランドで盛大なゲイのイベントがある。イケメンの大谷は、“彼ら”からも人気になるでしょうね」(夕刊紙デスク) 

「二刀流男」の決断は、はたして吉と出るか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ