芸能

“作家デビュー”嘉門洋子が綴った「薬物&ヤクザ愛人」疑惑に翻弄される女優

女優・嘉門洋子(33)が綴る小説連載が「週刊アサヒ芸能」9月10日発売号からスタートする。タイトルは「ブラッディ ドール 堕ちたアイドル」。副題も<「薬物&ヤクザ愛人」疑惑に翻弄された現役女優が綴る芸能界私小説>と衝撃的。作家の新藤冬樹氏が…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

「ガッチャマン」と「宮崎駿引退」にみる日本映画の終焉

「ネタにもならない駄作」「原作への愛が感じられない」「見ていて恥ずかしくなりました」「日本映画の終焉」‥‥。散々な書かれっぷりである。これは現在、大々的に公開中の映画「ガッチャマン」を見た人の感想コメント。どんな駄作でもゴリ推しファンの投票…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , |
芸能

娘のヒカルが注目される中、藤圭子の周囲では不穏な事件が

自殺という衝撃的な人生の幕引きを選択した天才歌手。その生涯を振り返ると、陰と陽を交互に行き来していたと言わざるをえない。しかし、日の当たる場所にいる時でも、日陰から“暴力社会”の住人たちが忍び寄り、彼女に常に付きまとい続けていたのだ。99年…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

ヴァニラ「総額2000万円超えの“整形サイボーグ”」

「人間じゃなく作り物のフランス人形になりたい」と公言するヴァニラ。今年4月にテレビ番組「私の何がイケないの?」(TBS系)に出演し、総額1000万円の全身整形を告白。その後も整形を繰り返し、現在は整形回数30回、総額は2000万円を超えたと…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

長谷川豊「フジへの反撃ブログで汚名返上」Vol.2

女子アナたちは誤解されている──領収書の件で、その人たちにつけいる隙を与えてしまった?「そういうことだと思います。僕は1つのミスも許されない立場だったにもかかわらず、そういうことをしてしまった。だから最終的には僕の不注意です」──今は納得し…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

萩本欽一「坂上二郎さんから運命の日の電話」(1)

昔、堀ちえみちゃんから、「萩本さんと『コント55号』って何か関係があるんですか?」と聞かれたことがありました。「テレビを観てたら萩本さんが映ってて、その下に『コント55号』っていうテロップがあったんですよ」「コント55号」の結成は1966年…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(1)史上初のアイドル演歌歌手

日本中に衝撃が走った藤圭子の飛び降り自殺──。若い世代には「宇多田ヒカルの母」であるが、70年代の歌謡曲黄金期には「閃光」として降りそそいだ存在。ただし、その光は虹色ではなく、暗くうごめく怨念の色である‥‥。これより、藤圭子を〈別れの旅〉へ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
スポーツ

金田正一VS王貞治「名球会大分裂抗争」(4)往年の大スターの泥仕合は見たくない

名球会は対抗措置を取る。まず会員に「金田氏が関わる野球教室には協力、参加しないように」との通知を出したのだ。これについて、理事の柴田勲氏(69)はこう答えた。「もともと名球会がやっているイベント。今は一切関係ないですが。(不参加要請は)拘束…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

「はだしのゲン」でくすぶる残り火(1)読者が子供であるということ

「ゲンが帰ってきた」──8月30日付の朝日新聞は、こんな見出しで、松江市内の中学生が図書室で「はだしのゲン」を読む姿を報じた。騒動勃発から半月足らずで「閲覧制限」が180度ひるがえる鎮火劇に、各界識者が異論、反論の口火を切った。くすぶる残り…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(9)宮下のデビュー作は実名トラブルで連載終了

ストーリーなども、「先のことなんて全然考えてなかったよ」と、宮下は振り返る。「打ち合わせもそんなにしてなかったしね。いつもネーム(漫画の基本構成を描いた下書き)は描いて編集者に見せてたんだけど、一度、見せたネームと全然違う話を描いて出したこ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(8)「魁!!男塾」は“ジャンプらしさ”が詰まった作品

バブル前夜に連載が始まった「魁!!男塾」は、本宮ひろ志氏の作品を思わせる画風で、一見シリアス。だが初期には直接的、中盤からは婉曲的な“ギャグ”がちりばめられたとも言える、何とも破天荒な独自世界が繰り広げられていた。豪快な「制作秘話」を、作者…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
芸能

藤圭子、デビュー当時のトレードマークは“白いギター”と“黒いベルベットの衣装”

第1回「日本歌謡大賞」(70年)に輝いたのは、「圭子の夢は夜ひらく」だった。デビュー2年目の大きな栄冠だったが、藤は淡々としていたと川岸氏は言う。「歌謡大賞でもらったトロフィーも『こんなのよりお金もらうほうがいいわ』とつぶやくんだ。彼女は時…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

藤圭子自殺の原因は寂しさと孤独感か

芸能記者も「自殺の原因は別のところにある」と見ている。「06年の外為法違反事件時に、藤は『ファーストクラスに乗って、世界のカジノを回っている』と周囲に話していたそうです。予約もしていないニューヨーク行きの便に『お金ならいくらでもあるわよ』と…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

長谷川豊「フジへの反撃ブログで汚名返上」Vol.1

会社の金を使い込んだ“横領犯”の汚名を着せられ、今年3月にフジテレビを退社。その汚名を晴らすために始めた期間限定のブログでは、無実を主張するだけでなく、自分を陥れた真犯人の追及までしてみせた。現在フリーアナとなった長谷川豊(38)の、さらな…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |