ウラジーミル・プーチン

政治

本物と「整形手術の影武者」はここで見分ける…顎の形・右手・笑い/暗殺が怖い!プーチン「異常行動」プロファイル(5)

プーチン異常行動プロファイルの第5回目は「影武者」の存在に触れよう。神出鬼没の「偽プーチン」を巡っては、ウクライナ国防省のキリーロ・ブダノフ情報総局長や、元KGB(旧ソ連国家保安委員会)職員のセルゲイ・ジルノフ氏らが、「独裁者プーチンが身の…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

ロシア「プリゴジンの乱」はプーチン核使用への「壮大な芝居」(2)核攻撃の極秘計画が進行か…

以上が反乱の概要だというのだ。当局筋は、こう続けた。「この事態が指し示しているのは、プーチン大統領は誰を選ぶか決められない、ガバナンスが効かせられないということ。この優柔不断さが今後も続くなら、ウクライナ問題は泥沼化するだろう。しかも、領土…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

ロシア「プリゴジンの乱」はプーチン核使用への「壮大な芝居」(1)2人の密接さを象徴する事例

6月末、ロシアに反旗を翻した民間軍事会社「ワグネル」。この前代未聞の軍事クーデター未遂に全世界が驚愕したが、それは各国の情報機関でも同様だった。世界に冠たる米国のCIA(中央情報局)ですら寝耳に水であり、事前情報を受けていなかったバイデン大…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

通信傍受阻止で「専用電話ブース」を携行させる「電波系神経症」/暗殺が怖い!プーチン「異常行動」プロファイル(4)

異常行動プロファイルの第4回目は、独裁者プーチンの「電波系神経症」だ。精神医学の世界に電波系神経症なる病名は存在しないが、ここでは「外部からの通信傍受をはじめとする電波系に対し、異常な警戒や執着を示すプーチンのパラノイア(誇大妄想、被害妄想…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , |
政治

「秘密の地下駅」を使って地下壕を行き来する「モグラ生活」/暗殺が怖い!プーチン「異常行動」プロファイル(3)

「異常行動プロファイル」の第3回目は、独裁者プーチンの「モグラ生活」に触れよう。前々回と前回の記事では、プーチンがロシア国内にある秘密の別荘の地下に、クレムリン(ロシア大統領府)と全く同一の大統領執務室を偽装配置している事実、さらには外部か…

カテゴリー: 政治 | タグ: , |
政治

大統領専用機は撃墜されるので「特別装甲列車」で隠密移動/暗殺が怖い!プーチン「異常行動」プロファイル(2)

暗殺者の影に怯えるロシアのプーチン大統領。その「異常行動プロファイル」の第2回目では、プーチンが仕立てさせた「特別装甲列車」を取り上げる。国内外を問わず、プーチンが移動する際には通常、大統領専用機が使用されてきた。近距離の移動では専用ヘリが…

カテゴリー: 政治 | タグ: , |
政治

クレムリンと全く同じ大統領執務室をロシア全土に「偽装配置」/暗殺が怖い!プーチン「異常行動」プロファイル(1)

独裁者が最も恐れているのは「暗殺」である。この点は「21世紀のヒトラー」と言われる、ロシアのプーチン大統領とて例外ではない。本連載では、暗殺者の影に怯える独裁者プーチンの「異常行動」を、プロファイルの形で炙り出していく。第1回目は、大統領執…

カテゴリー: 政治 | タグ: , |
政治

黒幕はプーチン!プリゴジン戦闘員2000人が「ベラルーシの核を乗っ取って復権」という戦慄計画

ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり、世界を震撼させた「ワグネルの乱」から5日後の6月29日、モスクワにあるクレムリン(ロシア大統領府)でプーチン大統領と会談を持ったとされるエフゲニー・プリゴジン氏。その後、プリゴジン氏を巡っては「プーチンに…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

発覚!激怒プーチンは「ロシア軍内の裏切り者」を闇粛清した後に反逆者プリゴジンを「ゆっくりと始末」する

アメリカの「ウォール・ストリート・ジャーナル」は7月13日、ロシアの民間軍事会社ワグネルが反乱を開始してからわずか数時間のうちに、治安機関が反乱に協力したロシア軍の高官らを拘束していたと報じた。同紙によれば、少なくとも13人の軍高官が拘束さ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

ゼレンスキーを抱き込む剛腕・エルドアン大統領が掴んだ「プーチンの急所」

トルコのエルドアン大統領が7月7日、ウクライナのゼレンスキー大統領と会談し、ウクライナのNATO(北大西洋条約機構)加盟入りを強く支持したことが、欧米や周辺国で注目されている。エルドアン氏といえば、ロシアのプーチン大統領とも親しい。ウクライ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

「ヨットで花火見物」はガセネタ!「その時、反乱に怯えたプーチンは別荘の地下壕で身を縮めていた」真相情報

アメリカのニューヨーク・タイムズ紙は、ワグネルの反乱軍がロシアの首都モスクワへ向け進軍を続けていた6月24日、クレムリン(ロシア大統領府)にいたはずのプーチン大統領が、郷里のサンクトペテルブルクに滞在していたと報じた。同紙が7月3日までに伝…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

プーチンが「破れかぶれ撤退作戦」開始(3)クリミア陥落ならベラルーシから首都キーウを核攻撃する

本連載の第1回目と第2回目では、ロシアのプーチン大統領がついにザポリージャ原発の爆破作戦に着手したこと、またカホフカ水力発電所ダムの破壊は地雷原の拡散を狙った卑劣な工作だったことなどを指摘した。そんな中、ウクライナ軍による大規模反転攻勢で追…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

欠損しているはずの指が…ロシアで目撃「反プーチンのプリゴジン」が「影武者」だとバレた大笑いな理由

プーチン政権に反旗を翻した、あの「ワグネルの乱」の後、ベラルーシに亡命したとされるエフゲニー・プリゴジン氏の姿が6月29日、ロシアのサンクトペテルブルクで目撃された。その時の模様を捉えた写真には、黒いキャップを目深にかぶり、白い不織布マスク…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

プーチンが「破れかぶれ撤退作戦」開始(2)「どこに地雷があるかわからない」恐怖の足止め攻撃

ロシアのプーチン大統領が画策する残虐非道の撤退作戦は、ザポリージャ原発の爆破計画だけではなかった。戦慄作戦の第2弾は、地雷の敷設と地雷原の流動化だ。ロシア軍は占領したウクライナ4州の最前線に長大な防衛ライン築いて、ウクライナ軍による反転攻勢…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |